GPON: Gigabit Passive Optical Network

PON (Passive Optical Network)は、1本の光ファイバーで複数の施設へのサービス提供を可能にするポイント・ツー・マルチポイント方式を使用して、家庭に光ファイバーを 引き込むネットワーク・アーキテクチャーです。この共有環境では、データ・セキュリティーを維持するためにデータの暗号化が行われます。このアーキテクチャで は、ポイント・ツー・ポイントのアーキテクチャーよりも装置コストを抑えられるパッシブ(電源が供給されない)光スプリッターを使用しています。

GPON (Gigabit Passive Optical Network)規格は、より大きな可変長パケットを使用して、より広い帯域幅および高い効率を達成する点において、他のPON 規格とは異なります。GPON は、フレーム・セグメンテーションを使用したユーザー・トラフィックの効率的なパッケージを提供し、遅延に敏感な音声およびビデオ通信トラフィックの QoS(Quality of Service)を向上させます。

インテルとパートナーは、インテルの GPON ソリューションを構成する多数のデバイスおよび IP(Intellectual Property)コアを提供しています(表 1 参照)。高速シリアル・トランシーバーを内蔵した インテル® FPGA デバイスを以下に示します。

  • Stratix® V GX FPGA
  • Stratix IV GX FPGA
  • Stratix II GX FPGA
  • Arria® V FPGA
  • Arria II GX FPGA
  • Arria II GZ FPGA
  • Arria GX FPGA
  • Cyclone® V FPGA

表 1. アルテラとパートナーの GPON アプリケーション対応製品

GPON アプリケーション 提供するソリューション
光回線終端 (OLT) MAC Stratix V および Stratix IV GX FPGA
イーサネット MAC MoreThanIP の 10/100/1000 MAC および 10 Gビット MAC コア
トラフィックの集約と管理
  • 10 Gbps トラフィック管理リファレンス・デザイン
  • 10 Gbps RLDRAM II パケット・メモリ・コントローラ・リファレンス・デザイン
  • 2レベル・スケジューラ・リファレンス・デザイン
  • ハードウェア検証プラットフォーム 
20 Gbps パケット処理

以下に、インテル® FPGA のパケット処理モジュールおよびフレームワークを示します。

  • Stratix シリーズ FPGA
  • Arria V FPGA
  • Cyclone® シリーズ FPGA
  • Nios® II エンベデッド・プロセッサー

Ethernity Networks: 提供

  • ENET3000 FPGA アクセス・フロー・プロセッサー

関連リンク