CEI-6G

CEI (Common Electrical I/O) 6G 実装規約は、トランスミッター、レシーバー、および高速バックプレーン、チップ間インターコネクト、およびオプティカル・モジュールでのアプリケーション用 6+ Gbps インターフェイスに関連するインターコネクト・チャネルを規定したものです。また、CEI インターフェイスに関連するジッタ定義および計測方法についても規定しています。CEI-6G 規格は、Interlaken などの新しいチップ間プロトコルで採用されてきました。

CEI-6G は、電気的インターフェイスであり、プロトコルや IP 機能を定義するものではありません。この実装規約では、ピン配置やコネクター情報、管理インターフェイル、あるいは上位データプロトコルは除外されていま す。この実装規約は、現在、インテルを含む 100社以上の企業が参加する OIF(Optical Internetworking Forum)によって管理されています。

OIF CEI-6G 実装規約に準拠するインテル® FPGA デバイスには、Stratix® V GX FPGA (最大 66 チャネル)、Stratix IV FPGA (最大 48 チャネル)、および Stratix II GX FPGA (最大 20 チャネル)があります。これらのデバイスを使用して、CEI-6G 実装規約に基づく任意のインターフェイスを実装できます。

特性評価

実装規約