インテル® FPGA が実現する AI

インテル® FPGA が実現する AI

インテル® FPGA の特長は高い柔軟性であり、カスタマイズによる差別化を可能にする、市場競争力に優れたディープラーニング・アクセラレーターを求める人工知能 (AI) システム・アーキテクトにとって最適な選択肢です。可変のデータ精度、ソフトウェア・デファインド・プロセシングなど、基盤となるハードウェア・アーキテクチャーを調整する機能により、FPGA は最新のイノベーションをいち早く導入可能です。基本的なアプリケーション用途としては、インラインの画像 & データ処理、フロントエンドの信号処理、ネットワークの取り込み、I/O の集約などが挙げられます。

インテル® FPGA が提供するコスト効率に優れた再プログラム可能なプラットフォームにより、カスタマイズが可能なパフォーマンスや消費電力、高スループット、バッチの低レイテンシーを仕様どおりに設計し、実現できます。インテル® FPGA のきめ細かなオンチップ帯域幅は、メモリーバウンドのワークロードのパフォーマンスを向上し、ネットワークのエッジからデータセンターまで多様なアプリケーションのアクセラレーションを実現できます。Microsoft* はインテル® Stratix® 10 FPGA を導入して、Project Brainwave 向けに Microsoft* Azure* 上でリアルタイムの AI ハードウェア・マイクロサービスを実現しました。インテルとMicrosoft* の連携の詳細についてはこちらを参照してください。

インテルは、ますます複雑化する現在のヘテロジニアス・コンピューティングの世界を先導していきます。データをインテリジェントなインサイトに変換し AI のサポートに不可欠なアプリケーションに組み込むコンピューター・ビジョン、ディープラーニング、分析処理の機能を変革する、強力で直感的な開発ツールを提供することが、私たちの使命だと考えています。OpenVINO™ ツールキットによって、ユーザーはさまざまなインテル® アーキテクチャーにアクセスできます。インテル® FPGA ディープラーニング・アクセラレーション・スイート (DLAS)は、カスタマイズ可能な総合 AI 推論ソリューションを活用し、リアルタイムAIのためにインテル® FPGA にアクセスします。パフォーマンス、消費電力、コストに最適化されたリアルタイムの AI 推論処理を行うために、インテル® FPGA をアプリケーションに統合する方法についてはこちらを参照してください。

チップ・チャット・ポッドキャストを聴く (英語)

インテル® FPGA プロダクト・マーケティング・ディレクターの Tony Kau が、インテル® FPGA について紹介し、アクセラレーション・ハードウェアが AI 推論にどのように使用されているかを解説します。

インテル® FPGA ソリューション概要

インテル® FPGA ディープラーニング・アクセラレーション・スイートは、ユーザーのAI ソリューション向けの OpenVINO™ ツールキットの一部として入手できます。インテルのAI ポートフォリオの一部として、FPGA がディープラーニング推論ワークロードのアクセラレーションにどのように使用されているかを紹介します。

インテル® FPGA が Microsoft* Azure* の AI を強化

Microsoft は、Microsoft Build カンファレンスにおいて、Microsoft* Azure* Machine Learning SDK と統合された Project Brainwave 搭載 Azure* Machine Learning ハードウェア・アクセラレーション・モデルをプレビュー版として初公開しました。

このホワイトペーパーでは、インテル® FPGA で OpenCL* プラットフォームを利用して、今日の画像中心の世の中環境における画像処理や画像分類のニーズに対応する方法について解説します。

OpenVINO は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。