Stratix IV GX のプロトコル・サポート

多くのアプリケーションで、増大するデータ帯域幅に対応するために、トランシーバ・ベースのアーキテクチャを使用することが一般的になっています。これらのアプリケーションをサポートするために多数のプロトコルが登場し、現在では業界標準となっています。 Stratix® IV GX FPGA トランシーバのアーキテクチャは、プロトコルに準拠するための専用機能をトランシーバのフィジカル・コーディング・サブレイヤ (PCS) ブロック内に追加することにより、プロトコルの実装を大幅に簡略化します。トランシーバは、可能な限り広い範囲の標準プロトコルを複数のデータ・レートでサポートし、しかも優れたシグナル・インテグリティと低い消費電力を提供するように特別に設計されています。 図 1 は Stratix IV GX FPGA でサポートされる主要なプロトコルと一般的なアプリケーションを示しています。  

図 1. 主要プロトコルおよびアプリケーション

Figure 1. Key Protocols and Applications
画像を拡大して表示

Stratix IV GX FPGA は、プロトコルベース・アプリケーションに対し、完全なソリューションをサポートします。ソリューションには、専用 IP(Intellectual Property)コア、開発ボード、リファレンス・デザイン、資料、およびプロトコル固有の特性評価レポートが含まれます。Quartus® Prime 開発ツールおよび SOPC Builder より、デバイス・リソースとエンジニアリング作業の開発オーバヘッドが軽減されます。 表 1 に主要なプロトコルのデータ・レートとソリューション・パッケージを示しています。

表 1. Stratix IV GX デバイスの完全なプロトコル・ソリューション

プロトコル データ・レート 完全なソリューション
リンクの 
チャネル数
IP キット 特性評価
PCI Express Gen1 2.5 Gbps 1, 4, 8 Check Check Check
PCI Express Gen2 5.0 Gbps 1, 4, 8 Check Check Check
Serial RapidIO® 1.25, 2.5, 3.125 Gbps 1,4 Check Check Check
SerialLite II 622 Mbps–6.375 Gbps 1–256 Check Check Check
OIF CEI-6G 4.976 Gbps–6.375 Gbps 1 - Check Check
Interlaken 3.125 Gbps–6.375 Gbps 1–N Check Check Check
10 ギガビット・イーサネット XAUI 3.125 Gbps 4 Check Check Check
HiGig 3.75 Gbps 4 Check Check Check
GPON 1.244 Gbps upstream
2.488 Gbps downstream
1 - - Check
SFI-5 2.488 Gbps–3.125 Gbps 17 - - Check
ギガビット・イーサネット (GbE) 1.25 Gbps 1 Check Check Check
SDH/SONET OC-12 622 Mbps 1 - Check Check
SDH/SONET OC-48 2.488 Gbps 1 - Check Check
CPRI 0.6144, 1.288, 2.4576, 3.072 Gbps 1 - - Check
OBSAI 0.768, 1.536, 3.072 Gbps 1 - - Check
ファイバ・チャネル 1.0625, 2.125, 4.25, 8.5 Gbps 1 Check - Check
HyperTransport™ 2.4, 2.8, 3.2 Gbps 2, 4, 8, 16 - - Check
SD-SDI 270 Mbps (1) 1 Check Check Check
HD-SDI 1.485 Gbps 1 Check Check Check
3G-SDI 2.97 Gbps 1 Check Check Check

注:

  1. オーバサンプリングを使用してサポートされるデータ・レート

高速シリアル・ソリューション

デバイス