Stratix® IV FPGA 高集積度の40nm FPGA

40nm プロセス Stratix® IV FPGAは、次世代高性能デザインの統合を実現する優れたリソースを提供します。

  • 82万個ロジックエレメント(LE)相当のロジック、および23.1Mビットのメモリーを備えるStratix® IV E 「EP4SE820」デバイスは、ASICプロトタイピングにとって最高集積、最高速のFPGAソリューションであり、パーティショニングや検証上の課題に対応します。 

  • 82万個ロジックエレメントとは、ASICゲート換算すると、約980万ASICゲート相当となります。さらに、DSP Block を利用する場合には、最大で約1500万ASICゲート相当の規模となります。 

  • 53万個 LE相当のロジック、および26.7Mビットのメモリーを備えるFPGAには、Stratix® IV E 「EP4SE530」と、Stratix® IV GX 「EP4S100G5」、および「EP4SGX530」デバイスがあります。「EP4S100G5」、「EP4SGX530」デバイスは、48個のトランシーバを内蔵し、チャネルあたりのデータレートは「EP4S100G5」で最大11.3 Gbps、「EP4SGX530」で最大8.5 Gbpsをサポートすることで、高度な最適化が図られた高速シリアル・インターフェイス・ソリューションを提供します。

Stratix® IV FPGAは、ASICプロトタイピング によるハイエンド・デジタル・アプリケーションや、ワイヤライン、ワイヤレス、軍用、放送市場など、様々なマーケットに適しています。

82万LE搭載、Stratix® IV FPGAの特長


表1は、最高集積度の Stratix® IV FPGA の出荷時期を示しています。

表1 最高集積度の Stratix® IV FPGA の出荷時期

Stratix® IV FPGAs ロジックエレメント エンベデッド・メモリー(Mビット) DSP
18 x 18
I/O
ピン数
トランシーバー 出荷時期

EP4SE820

820K

23.1

960

1,120

0

2010年4月

EP4SE530 530K 20.7 1,024 976 0 出荷中
EP4S100G5 530K 20.7 1,024 976 48 出荷中
EP4SGX530 530K 20.7 1,024 976 48 出荷中

ロジック効率

Stratix® IV FPGAのコア・ファブリックは、アダプティブ・ロジック・モジュール(ALM)という革新的なロジックユニットから構築されています。ALMは、分割が可能なため、きわめて効率的にロジックを実装できます。Stratix IV FPGA は、同等サイズのデバイスで比較した場合、もっとも近い競合デバイスより多くのロジックを実装可能です。

2 つの独立したファンクションを 1個の ALM に実装することができるため、小規模なロジックの実装においても未使用リソースを無駄にする、ということはありません。インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアは、ALM を使って自動で効率良くデザインを実装し、利用度の低いリソースを最小限に抑えることができます。これによって、デザインをより小型のデバイスに収め、ロジック段数を低減させ、fMAX(最大動作周波数)を向上させることが可能となります。