ラピッド・リコンパイル

ラピッド・リコンパイルとは、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアのコンパイルフローの 1 ステップであり、この場合、コンパイラーは可能な限り以前の合成およびフィッティング結果を用いて、変更されていないデザインブロックの再処理は行いません。変更部分が少ない場合、ラピッド・リコンパイルを利用することで、タイミング変動や再コンパイルの合計時間を削減できます。ラピッド・リコンパイルは、HDL ベースの機能動作する最小変更をサポートし、未変更部分のロジックのパフォーマンスを維持したまま、コンパイル時間を短縮できます。

インテル® Quartus® Prime v18.0 でのインテル® Stratix® 10 FPGA のサポート:

  • シグナルタップでのインテル® Stratix® 10 FPGAのサポート
  • インテル® Stratix® 10 ポストフィット・インクリメンタル・ルート・シグナルタップのサポート

詳細については、以下のクイックリンクを参照してください。

クイックリンク