ブロックベース・デザインフロー1

インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディションは、新しいブロックベースのインクリメンタル・コンパイルとデザインブロック再利用のフローを提供し、離れた拠点間のメンバーで構成される開発チームの設計協業を可能にします。

ブロックベースのインクリメンタル・コンパイル・フローによるタイミング・クロージャーのスピードアップ

チームのメンバーは、デザインをセグメント化した後、そのデザインのパーティションごとに開発を行い、タイミング・クロージャーを実現できます。各ブロックにはその配置とタイミングが維持されているため、全体デザインの統合は簡単です。

こうした機能によって、パーティションをあらかじめ保持したり、空にしたり、エクスポートしたりできます。この保持またはエクスポートされたり、空になったパーティションは、デザインブロックと呼ばれます。デザインブロックの利用は、ブロックベースのコンパイルとデザインブロックの再利用という概念をもたらします。

ブロックベースのインクリメンタル・コンパイルは、プロジェクト内のパーティションを保持、または空にします。これはコア・パーティションに対して行われ、追加のファイルやフロア・プランニングは必要ありません。パーティションは、ソース、合成、最終のスナップショットの時点で空にしたり、保持することができます。

デザインブロックの再利用フローがさらに容易なコラボレーションを実現

デザインブロック再利用のフローにより、パーティションを予め保持してエクスポートすることで、異なるプロジェクトでもデザインブロックを再利用できるようになりました。この機能によって、異なるチーム間でタイミング収束済みのモジュールの受け渡しが容易に行えます。また、タイミング収束済みブロック、事前ビルドされたコンポーネント、さらにはサードパーティー製 IP も柔軟に配置できます。

ブロックの再利用は、コア・ロジック・パーティションとペリフェラル・パーティションの 2 種類がサポートされています。ペリフェラル再利用フローでは、配置配線されたペリフェラル (I/O、HSSIO、PCIe*、フェーズ・ロック・ループ (PLL)、コア・リソースなど) を再利用し、空の (フレキシブルな) 開発エリアをそのまま他の設計者向けに残すことが可能です。このような空のエリアは、ペリフェラルに未使用の領域として特別なパーティションを作成することで、後ほど、別のチームが開発作業を行うことができます。