MAX II デバイスを使用したポータブル・アプリケーション

低コスト、低消費電力、および狭いボード・スペースが必要とされるため、これまでポータブル・アプリケーションにおけるプログラマブル・ロジック・デバイス(PLD)の使用は制限されてきました。しかし今日では、平均販売価格の低下と低消費電力およびスモール・フォーム・ファクタなパッケージの実現により、ポータブル・アプリケーション向けに PLD の使用が飛躍的に増加しています。

MAX® IIZ CPLDは、アルテラの低消費電力、量産、小実装面積のポータブル・アプリケーションへの取り組みにおける、最新のマイルストーンです。アルテラでは、1.8 V バージョンの MAX II CPLDの革新的なアーキテクチャを活用し、業界で最小消費電力(スタンバイおよびダイナミック)を達成するように、多くのエンジニアリング・リソースを費やしました。その結果誕生したゼロ・パワー・デバイスは、コスト効率の高い MAX II CPLDと同じ不揮発性、インスタント・オンなどの利点を提供する一方、もっとも要求の厳しいポータブル・アプリケーションのスモール・フォーム・ファクタおよび最小消費電力の要件を満たします。

今やポータブル・アプリケーションは民生機器製品に限らず広く使用されており、MAX IIZ CPLD は、工業用温度対応デバイス(-40ºC ~ +100ºC)にて業界最小の消費電力を実現します。MAX IIZ CPLD は、要件が非常に厳しいポータブル・アプリケーションにおいて最適です。

ポータブル・アプリケーションにおける MAX IIZ CPLD の強み

アルテラの新しいゼロ・パワー MAX® IIZ CPLD は、柔軟性、製品の早期市場投入、および超小型パッケージ、超低スタンバイ消費電力でのボード・レベルの統合を含むプログラマブル・ロジックの利点を提供し、次世代ポータブル・アプリケーションの設計、差異化、および供給を実現するために必要なすべてを提供します。

ポータブル・アプリケーション向けのゼロ・パワー CPLD

最小のシステム消費電力は、すべてのポータブル・アプリケーションに求められています。業界最小のスタンバイとダイナミック消費電力を提供する MAX IIZ CPLD は、消費電力の条件にもっとも厳しいバッテリー駆動のアプリケーションに最適です。

ポータブル・アプリケーション向けにボード・スペースを削減

スペース制約の厳しいポータブル・アプリケーション向けに最適化された MAX IIZ CPLD はすべて MBGA ファミリ・パッケージにて提供されます (表 1参照)。

表1. MAX IIZ CPLD パッケージ および ユーザー I/O ピン

デバイス 68ピン MBGA (1)
5 x 5 mm
100ピン MBGA (1)
6 x 6 mm
144ピン MBGA (1)
7 x 7 mm
256ピン MBGA (1)
11 x 11 mm
EPM240

54

80 (2)

-

-

EPM570

-

76 (2)

116

160

注:

  1. Micro FineLine BGA パッケージ (0.5 mm ピッチ)
  2. バーティカル・マイグレーション

手のひらに収まるサイズに豊富な機能を搭載した製品を開発するためには、スペース制約のあるアプリケーション向けに最適化されたコンポーネントを提供できなければなりません。MAX IIZ CPLD ではその要求を実現する以下を提供します。

  • 豊富なロジックおよび I/O リソースを搭載した超小型 Micro FineLine BGA パッケージ
  • 従来のマクロセル・ベースの CPLD と同じボード面積でありながら、最大 6倍の集積度を達成し、3倍の I/O を搭載
  • スペースの制約が厳しいポータブル・アプリケーションでの高度な機能の統合に最適
  • BGA フットプリントにより簡単な配置配線を実現

ポータブル・アプリケーション向けにシステム・コストの削減

MAX IIZ CPLD は、ポータブル・アプリケーション向けに高度なロジックの集積化を可能にし、システム・コストの削減を実現します。詳細は、ゼロ・パワー CPLD を使用したポータブル・アプリケーションにおけるトータル・システム・コストの削減 (PDF) ホワイトペーパーをご覧ください。

ポータブル・アプリケーション設計をすぐ開始

PLD および業界のリーダーとして、アルテラは、設計をすぐに開始するために様々な資料を提供しています。以下の資料により、設計の準備 および開発を迅速にスタートすることが可能です。

アルテラでは、CPLD で実装された一般的な機能を紹介する様々なデザイン例を作成しました。これらのデザイン例を使用して、デザインをすぐに開始することが可能になります。

  • 無償、再利用可能、資料を提供、そして使い易い
  • アプリケーション別に変更が可能で、様々なアプリケーションに使用可能
  • デザイン・プロセスを加速させ、設計のスタート地点を明確に
  • ハードウェア上でシミュレーション、テスト、実装済み

さらなる詳細、もしくは無償のデザイン例のダウンロードに関しては、アルテラの デザイン例 ページをご覧ください。

さらに、MAX IIZ CPLD のための包括的な様々な設計に役立つデザイン・リソースを提供します。アルテラの Quartus® II 開発ソフトウェアは、最高の性能と生産性を提供します。使いやすく、迅速な製品市場投入を可能にする Quartus II ソフトウェアは、消費電力解析ツールの利点をも提供しています。このPowerPlay early power estimator というツールは、デザインの消費電力を見積ります。Quartus II PowerPlay 消費電力解析および最適化テクノロジーにより、デザインのコアおよび I/O 消費電力の両方を解析します。以下を含む、この機能を搭載する無償のデザイン・ソフトウェアおよび MAX II の資料をダウンロード可能です。

エンド・マーケットおよびポータブル・アプリケーション

ポータブル・アプリケーションの急増により、バッテリーで長時間動作し高レベルの機能をサポートする小型で低コストな製品に対する需要が高まっています

ポータブル製品は、民生機器、医療機器、テストおよび計測機器、車載用機器、ワイヤレス/ワイヤーラインなどの幅広い市場で使用されています。これらの市場におけるエンド・アプリケーションには、携帯ハンドセット、スマート・フォン、PDA、モバイル・ナビゲーション・ユニット、デジタル・メディア放送ユニット、教育用玩具、ポータブル・メディア・プレーヤー、バーコード・スキャナ、工業用 PDA、ハンドヘルド超音波装置、ハンドヘルド・テスター、および ワイヤレス・ネットワーク。カードなどがあります。

超小型フォーム・ファクタ・パッケージでゼロ・パワーの MAX IIZ CPLD は、ポータブル・アプリケーションにあるLCD ディスプレイとのインタフェース、キーパッド、フラッシュ LED、またはメモリなど、ボード面積あたりより多くの I/O 数を必要とする機能に最適です。さらに、プリント基板(PCB)のスペースを小さくするために、ディスクリート・コンポーネントの集積化に必要となるボード面積あたりの高いロジック数を提供します。

ポータブル・アプリケーション・デザインの成功例

多くのポータブル・システム設計者は、小型で安価な製品への継続的な要望を満たすため、既にアルテラの MAX II CPLD を利用しています。MAX II CPLD を使用すると、消費電力、ボード・スペース、およびコストの削減を達成できます。