よくある質問 (FAQ)

よくある質問

適切な準備と手順があれば誰でも自作 PC を組み立てることができます。実際、マシンが確実に自分のニーズや好みを全て満たすための最適な方法は、独自の PC を構築することです。ここでは、その実現の詳細について説明します

通知および免責事項12345 6

免責事項

1

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前のものです。パッチやアップデートを適用したデバイスやシステムでは、同様の結果が得られないことがあります。

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、https://edc.intel.com/content/www/jp/ja/products/performance/benchmarks/overview/ を参照してください。

2

HDXPRT 2014 または High Definition Experience & Performance Ratings Test は、Windows* のメディア編集性能を測定する Principled Technologies のベンチマークです。HDXPRT の利用用途には、写真編集、ビデオ変換、音楽編集の 3 つのカテゴリーがあります。システムのパフォーマンス・テストには、一般的なメディア・アプリケーションを使用。報告される指標には総合スコアに加えて、写真編集、動画変換、音楽のサブスコアがあります。拡張効率: QSV 対応。OS のサポート: デスクトップ PC 向け Windows*。

システム構成: インテル® Core™ i5-7600 プロセッサー、PL1=65W TDP、4C4T、最大ターボ 4.10GHz、マザーボード: ASUS* Z270、メモリー: 2x4 GB DDR4-2400、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。

インテル® Core™ i5-2500 プロセッサー、PL1=95W TDP、4C4T、最大ターボ 3.70GHz、マザーボード: H67、メモリー: 2x4 GB DDR3-1333、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows* 7。

インテルは BenchmarkXPRT* 開発コミュニティーのスポンサーであり、メンバーでもあります。またベンチマークの XPRT ファミリーの主要な開発者です。Principled Technologies は XPRT ベンチマーク・ファミリーの公開者です。製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。

3

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは小売企業にお問い合わせいただくか、http://www.intel.com/txt/ を参照ください。

インテルは BenchmarkXPRT* デベロップメント・コミュニティーのスポンサーであり、メンバーでもあります。またベンチマークの XPRT ファミリーの主要なデベロッパーです。Principled Technologies は XPRT ベンチマーク・ファミリーの公開者です。製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。

4

インテル® Thermal Velocity Boost (インテル® TVB) の効果が含まれます。これはプロセッサーが最高温度未満で動作し、ターボ機能に割り当てられる電力がある場合に、シングルコアとマルチコアのインテル® ターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数以上に、プロセッサーのクロック周波数を自動的に上昇させる機能です。周波数の上昇値とその持続時間は、ワークロード、プロセッサーの性能、冷却ソリューションに応じて変動します。

5

動作周波数または電圧を改変すると、製品の保証が無効になる場合があり、プロセッサーや他のコンポーネントの安定性、セキュリティー、パフォーマンスや耐用年数が低下するおそれがあります。詳細についてはシステムおよびコンポーネントの製造元にお問い合わせください。

6

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。コストと結果は状況によって変わります。