インテル® データセンター・ブロック for Cloud (インテル® DCB for Cloud)

(インテル® DCB for Cloud)

2024年には、最大 80 % のワークロードがクラウド・アーキテクチャー上で実行されるようになる見込みです。1 事前認証済み、完全検証済みのインテル® データセンター・ブロック for Cloud (インテル® DCB for Cloud) なら、クラウドへの移行が迅速かつ容易になります。事前構成済みのサーバーからお選びいただくか、お客様のニーズに応じてシステムをカスタマイズしてください。

製品

5 検索結果

ストレージ・プロファイル : Hybrid Storage Profile

適用済みフィルター

インテル® サーバー・システム MCB2224BPHY1R

  • Microsoft Windows Server 2019* Software-Defined Data Center (SDDC) Premium ISV 認証
  • 2nd Generation Intel® Xeon® Scalable Processors
  • Hybrid Storage Profile ストレージ・プロファイル
今すぐ比較する

インテル® サーバー・システム MCB2312WFHY2R

  • Microsoft Windows Server 2019* Software-Defined Data Center (SDDC) Premium ISV 認証
  • 2nd Generation Intel® Xeon® Scalable Processors
  • Hybrid Storage Profile ストレージ・プロファイル
今すぐ比較する

インテル® サーバー・システム VRN2224BPHY4R

  • Designed for VMware* Virtual SAN (VSAN) ISV 認証
  • 2nd Generation Intel® Xeon® Scalable Processors
  • Hybrid Storage Profile ストレージ・プロファイル
今すぐ比較する

インテル® サーバー・システム VRN2208WFHY6R

  • Designed for VMware* Virtual SAN (VSAN) ISV 認証
  • 2nd Generation Intel® Xeon® Scalable Processors
  • Hybrid Storage Profile ストレージ・プロファイル
今すぐ比較する

インテル® サーバー・システム VRN2224BPHY6R

  • Designed for VMware* Virtual SAN (VSAN) ISV 認証
  • 2nd Generation Intel® Xeon® Scalable Processors
  • Hybrid Storage Profile ストレージ・プロファイル
今すぐ比較する

インテル® データセンター・ブロック for Cloud (インテル® DCB for Cloud)

インテルでは、複数の一般的な ISV ソフトウェア・スタックの認証をあらかじめ取得したクラウドブロックを提供します。

インテル® データセンター・ブロック (インテル® DCB) for Microsoft Azure* Stack HCI

第 2 世代インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーを搭載した Microsoft Azure Stack HCI 認定インテル ® DCB により、最新テクノロジーを取り入れたノーブランド、包括的、検証済みのシステムが提供され、ハイブリッド / マルチクラウドおよびソフトウェア・デファインド・ストレージの導入が加速されます。

製品概要を読む

サプライヤーを探す

インテル® データセンター・ブロック for Nutanix Enterprise Cloud

インテル® DCB は、Nutanix ソフトウェアとシームレスに連携して、インテルが検証し Nutanix が認証した最新のテクノロジーを提供します。このコラボレーションが市場投入期間を短縮し、複雑で成長中のハイブリッド/マルチ・クラウド環境で新しい収益の流れのビジネスを成長させたいエンドユーザー向けにシンプルなソリューションを提供できます。

詳しくはこちら

クラウドブロック for VMware*

第 2 世代インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーを搭載したインテル® データセンター・ブロック for Cloud – VMware vSAN ReadyNode は、検証済みでコスト効率が高いソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソリューションを提供し、成長ニーズに合わせて素早く拡張可能な、事前設定済み、事前テスト済みの構成により、迅速なデプロイを実現します。この VMware vSAN ReadyNode のデータセンター・ブロックは、あらゆるアプリケーションにおいて高性能でフラッシュに最適化されたハイパーコンバージド・ストレージ・ソリューションを提供します。

製品概要を読む

サプライヤーを探す

高速ネットワーキングと高速 I/O に対応する画期的なパフォーマンス

インテル® データセンター・ブロック for Cloud (インテル® DCB for Cloud) – VMware* は、最新世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載。ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC)、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー、卓越したストレージ・パフォーマンスに最適化されています。第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは次の機能を備えており、SDS ソリューションへの移行を簡素化します。

  • インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2)
  • インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT)
  • 統合型 RDMA
  • PCIe* メモリーと帯域幅の拡張
  • インテル® Optane™ SSD
  • インテル® インテリジェント・ストレージ・アクセラレーション・ライブラリー (インテル® ISA-L)
  • ストレージ・パフォーマンス・デベロップメント・キット (SPDK)
  • インテル® QuickAssist テクノロジー (インテル® QAT)

インテル® データセンター・ブロック (インテル® DCB) の注文仕様生産

インテル® データセンター・ブロック (インテル® DCB) はサーバー専用に設計された完全検証済みのシステムです。このシステムにより、パートナーは最新テクノロジーで構築された革新的なサーバー・ソリューションを迅速に市場に投入できます。あらかじめ設定された構成に加え、より詳細にカスタマイズされたシステムをお求めのお客様には、インテルが最適なパフォーマンスとコストの検証済みコンポーネントを組み合わせて、必要な仕様に沿ったサーバーを構築いたします。ディストリビューターまたは販売代理店のみご利用いただけます。

今すぐ構成する ›

詳しくはこちら ›

インテル® プレミア・サポート・パートナーは、インテル® サーバー製品向けに世界トップクラスの故障修理サポート、部品配達、再構成、修復サービスをオンサイトで提供します。

お客様が安心して作業できるよう、広範な資格認定プロセスを通して、インテルは世界トップクラスのサービス・プロバイダーとパートナーシップを築いてきました。インテル® データセンター・ソリューション・プレミアサポート・パートナー (PSP) は、ユーザーがニーズに最適なサービスを選択できるよう、認定プロバイダーの選択を可能にしています。認定 PSP はインテル® サーバー製品でトレーニングを行い、インテルのテクニカル・エンジニアリング・サポートチームと直接やり取りすることができます。また、インテル® データセンター・ソリューション・プレミアサポート・パートナー は、サービス保証をサポートするためにインテルのスペアパーツやアクセサリーへの迅速なアクセスが可能であり、ビジネスが運営維持に必要とする修正を提供することができます。

詳しくはこちら ›

サプライヤーを探す


インテル® 認定サプライヤーからご購入いただくと、高品質なインテル® テクノロジーに加えて、カスタマー・ソリューションのサポートに必要な製品知識も獲得できます。

リセラーにとってのメリット

市場投入までの期間の短縮

完全に検証済みかつ事前認証済みのビルディング・ブロックなら、市場投入までの期間を短縮し、手間を簡略化して、システムの設計、検証、統合にかかるコストを削減することができます。

イノベーションの推進

構成済みブロックを使用することで、お客様におけるよりよいテクノロジーへの転換を促進すると同時に、研究開発リソースを差別化と価値創出に集中させることができます。

インテルの品質と信頼性

インテルの品質、信頼性、価値の実績が購入前のお客様を惹きつけ、インテルの保証とサポートが購入後の安心感を高めます。

インテル® トランスペアレント・サプライ・チェーン


インテル® トランスペアレント・サプライ・チェーンは、インテルの工場に導入されているポリシーと手順の総称です。ビジネスの安全性を確保し、サプライチェーンのリスクをエンドツーエンドで管理することで、エンドユーザーは、インテル® サーバー・ボードの各コンポーネントがいつどこで製造されたかを検証できます。

免責事項

1 インテルおよび Bain による分析 (2016年)