インテル® Arria® 10 SoC FPGA は、エンベデッド・ソフトウェア業界で広範にサポートされている ARM* プロセッサーをベースとしています。インテルとエコシステム・パートナー、そしてインテル® SoC FPGA のユーザー・コミュニティーが、SoC FPGA の開発ニーズに応える幅広い選択肢を提供します。

オペレーティング・システム

オペレーティング・システムを使用する理由

オペレーティング・システムは、プロセッサーの機能と制限を最大限活用できるよう、高度に最適化されています。一般に、対称型マルチプロセシング (SMP) 向けに設計されたリアルタイムのオペレーティング・システムを使用すると、ベアメタルのアプリケーション (オペレーティング・システムなし) を使用した場合と比べて、同等以上のパフォーマンスと低いレイテンシーが実現します。また、商用オペレーティング・システムは通常、専用の開発ツール、ミドルウェア、テクニカルサポートを含んでおり、オペレーティング・システム・パートナーのテスト・フレームワークにおいて徹底的にテストされています。

インテル® Arria® 10 SoC は、最新のハイパフォーマンス・マルチコア ARM* Cortex*-A9 プロセッサーを核としています。このプロセッサーは、使用可能なコアの中の 1 つで動作する単純なベアメタル・アプリケーションから、高帯域、低レイテンシーのリアルタイム動作まで、さまざまな機能に使用できます。リアルタイム制約が最小限のシンプルなシングルコア・アプリケーションの場合は、ハードウェア・ライブラリー (HWLIB) を使用してベアメタル・アプリケーションを構築できます。ただし、デバイスの能力を最大限活用するには、オペレーティング・システムを利用することを強くお勧めします。選択するオペレーティング・システムとしては、シングルコア上で動作する単純なリアルタイム・カーネル、または Linux* やマルチコア対応リアルタイム・オペレーティング・システムなどのフル機能のオペレーティング・システムのいずれでもかまいません。 

インテル® Arria® 10 SoC では、オープンソースの Linux* に加え、多数の商用オペレーティング・システムを利用できます。

インテル® SoC FPGA 用の Linux* およびオープンソース製品は、RocketBoards.org で入手可能です。このサイトでは、インテル® SoC FPGA を使用する組込み開発者向けに開発環境とコラボレーションの機会を提供しています。インテル® SoC FPGA ボードにプリインストールされたゴールデン・システム・リファレンス・デザインについては、RocketBoards.org で「GSRD」を検索してください。

 

インテル® Arria® 10 SoC 向けの OS エコシステム

オペレーティング・システム 供給ベンダー 利用可否
Abassi* Code Time Technologies
Carrier Grade Edition 7 (CGE7) MontaVista
INTEGRITY* RTOS Green Hills Software (日本代理店: アドバンスド・データ・コントロールズより提供) ベータ版
ThreadX* Express Logic (日本代理店: グレープシステムより提供)
µC/OS-II*、µC/OS-III* Micrium (日本代理店: テクノ・ロジックより提供)
VxWorks* Wind River
Wind River* Linux* Wind River

インテル® Arria® 10 パフォーマンス・ベンチマークの手法と結果

開発ツール

インテル® Arria® 10 SoC 向けの開発ツール・エコシステム

JTAG デバッガーとインストラクション・トレース機能を含む専門性の高い開発ツールについては、以下をご検討ください。

供給ベンダー 製品 詳細 利用可否
Lauterbach TRACE32 Lauterbach の TRACE32 は、モジュール式マイクロプロセッサー開発ツールのファミリーです。この開発ツールには、Nios® II プロセッサーおよびデュアルコア ARM* Cortex*-A9 MPCore* プロセッサー・ベースの SoC をサポートするデバッグ、トレース、および命令セット・シミュレーター機能が含まれます。
MathWorks Simulink* Embedded Coder* MathWorks 社の Simulink* と Embedded Coder* を使用して、Cyclone® V SoC 向け C / C++ コードを生成します。このソリューションは、HDL Coder* のインテル® SoC FPGA サポートと併用することで、シミュレーション、プロトタイプ作成、検証、および実装にまたがる SoC FPGA のハードウェア / ソフトウェア・ワークフローに利用できます。 近日公開
iSystem iC5000 iSYSTEM のエンベデッド・オンチップ・デバッガー / アナライザー、リアルタイム・テスト測定ツールのプラットフォームです。プログラマブル・ハードウェアをベースとしており、各種のマイクロコントローラー・ファミリーおよび機能のサポートをソフトウェアで制御します。主な利点は、一度ハードウェアに投資すれば、サポート対象のデバッグおよび高度なテスト機能セットを、いつでもソフトウェアにより拡張できることです。 近日公開
SEGGER J-Link J-Link デバッグプローブは、最高 3 Mbps の速度で RAM へのダウンロードが可能なほか、高速フラッシュローダーにも対応しています。さらに、MCU のフラッシュメモリーに無制限にブレークポイントを設定できます。 近日公開
Wind River Workbench Cyclone® V SoC、Arria® V SoC、およびインテル® Arria® 10 SoC のデュアルコア ARM* Cortex-A9* MPCore* プロセッサー上の VxWorks* 向けソフトウェア開発ツールです。
Mentor Graphics のテクノロジーを搭載 Sourcery* CodeBench デュアルコア ARM* Cortex-A9* MPCore* プロセッサー・ベースの SoC Virtual Target 向けに GNU ツールチェーンをサポートします。
Altium Tasking VX-toolset C コンパイラー、アセンブラー、リンカー、ロケーターを最適化します。 近日公開

IP コア

インテル® Arria® 10 SoC 向けの IP コア・エコシステム

インテル® SoC FPGA は、インテル® FPGA とサードパーティーの豊富なソフト Intellectual Property (IP) コアによって支えられています。こうした IP ブロックは、SoC デバイス上の FPGA でのインスタンス化が可能です。代表的な SoC ソフト IP コアを紹介します。

供給ベンダー IP 詳細 利用可否

富士ソフト株式会社

Android* 向けグラフィックス・アクセラレーター

Android* OS 向けのグラフィックス処理機能を高速化します。

近日公開

TES Electronic Solutions

グラフィックス・レンダリング

2D、2.5D、3D および HD グラフィックス・レンダリング (EGL* 1.3、OpenGL* ES 1.1、OpenVG* 1.01 API までをサポート)

近日公開

メモリー・コントローラー、PCIe* インターフェイスなど、広範な機能に対応するサードパーティー製およびインテル® FPGA IP の一覧については、IP ポートフォリオ・ページを参照してください。

Nios® II ソフトコア・プロセッサー

Nios® II プロセッサーは、世界で最も汎用性に優れたプロセッサーであり (ガートナー調べ)、FPGA 業界で最も広く利用されているソフトコア・プロセッサーです。卓越した柔軟性を備えているため、コスト重視、リアルタイム制御、セーフティー・クリティカル (DO-254)、ASIC 最適化、アプリケーション処理といったニーズを満たす上で最適です。Nios II® プロセッサーは、インテル® SoC FPGA および FPGA ファミリーをすべてサポートしています。

デザイン・サービス・ネットワーク

デザイン・ソリューション・ネットワーク・パートナーは、製品開発のニーズ、開発リスクの低減、開発製品の市場投入期間の短縮といった要求をサポートするための幅広いデザインサービス、IP、製品を提供しています。インテル® FPGA の製品、ツール、IP に関する専門知識に加え、アプリケーション開発の豊富な経験を有しており、FPGA デバイスの選定から、直ちに利用可能なフル・ソリューションの提供、システムレベルの設計に至る多様なデザインサービスを通じた支援を行っています。

ボード

インテル® SoC FPGA ベースのボードは、インテルおよびエコシステム・パートナーが提供しています。ボードには、スタンドアロンとシステム・オン・モジュール (SoM) があります。

スタンドアロン・ボード

スタンドアロン・ボードは、開発キットの一部として含まれていることがあります。開発キットには通常、ソフトウェアとハードウェアが含まれています。インテル® SoC FPGA 開発キットは、ボードとすべての関連ケーブル、ドキュメント、およびソフトウェア開発ツール (インテル® SoC FPGA エンベデッド・デザイン・スイートおよび ARM* Development Studio 5* Intel® SoC FPGA Edition など) を含んでいます。

SoC FPGA ベースのボードは各種提供されています。

システム・オン・モジュール

エンベデッド・アプリケーション向け量産対応システム・オン・モジュール (SoM) は、インテル® Arria® 10 SoC FPGA をベースとして、デュアルコア ARM* Cortex*-A9 プロセッサー、高性能 I/O、プログラマブル・ロジック、DDR4 メモリー、および BSP を最適化されたスモール・フットプリント・モジュールに搭載した製品です。

この標準モジュールをシステム・アプリケーション固有のカスタムまたは市販キャリア・ベース・ボードに搭載して使用すれば、現在の完全なエコシステムを活用することができ、大幅なデザイン時間短縮とリスク軽減につながります。

インテル® Arria® 10 SoC の参照リンク