インテルの 40 nm ポートフォリオは、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・ツールおよびテクノロジー・ソリューションを組み合わせることにより、ワイヤレス、ワイヤーライン、防衛機器、放送機器などのエンドマーケットにおけるハイエンド・デジタル・システムの要件に対応します。これらのソリューションは、デジタル信号処理 (DSP)、エンベデッド・プロセシング、メモリー・インターフェイス、ASIC プロトタイピングなどのアプリケーション分野でも利用されています。

ワイヤレス

Stratix® IV (GT、GX、E) FPGA は、高度に統合した SoC ソリューションを実現し、厳しい消費電力要件を満たし、ワイヤレス・ベースステーション OEM の総所有コストを大幅に削減します。 こうした高集積のシングルチップ実装により、ベースバンド PHY、RF/IF プロセシング、高速 CPRI/OBSAI シリアルリンクのための柔軟かつスケーラブルなアーキテクチャーの構築を可能にし、マルチセクターの MIMO (多重入力多重出力) WiMAX/LTE (Long Term Evolution) 構成をサポートすることができます。

さまざまなワイヤレス・アプリケーションにおけるインテル® FPGA の活用については、インテルのワイヤレスウェブページを参照してください。

Stratix® IV FPGA がサポートするワイヤレス・アプリケーションをご確認ください。

ワイヤーライン

インターネット・プロトコル・テレビ (IPTV) などの広帯域サービスの進化に伴い、ネットワーク・アーキテクチャーにおけるパフォーマンスと管理性の強化が必須になっています。Stratix® IV GT および GX FPGA は、高速パケット処理、トラフィック管理、セキュリティー、カプセル化ソリューションを実現することにより、次世代の 40 Gbps と 100 Gbps のアーキテクチャーの重要要素になります。

さまざまなワイヤーライン・アプリケーションにおけるインテル® FPGA の活用については、インテルのワイヤーラインウェブページを参照してください。

Stratix® IV FPGA がサポートするワイヤーライン・アプリケーションをご確認ください。

防衛機器

ネットワーク化された高解像度センサーと電子戦システムには、接続帯域幅とアナログ - デジタル変換のための最先端のテクノロジーが必要です。インテルの Stratix® IV (GT、GX、E) FPGA は、高速 DSP、マルチギガビットのオープン・システム・データ・バスの信頼性の高いスループット、ドキュメント化が簡単なワークフローの要件を満たしています。

さまざまな防衛機器向けアプリケーションにおけるインテル® FPGA の活用については、インテルの防衛機器ウェブページを参照してください。

Stratix® IV FPGA がサポートするアプリケーションをご確認ください。

放送機器

放送機器市場において設計者が直面している課題は、高品質のビデオおよびオーディオを高いコスト効率で提供することです。スタジオ機器アプリケーションで、Stratix® IV FPGA は、SD / HD および 3G-SDI の非圧縮 1080p 高精細 (HD) ビデオおよびシリアル・インターフェイスのビデオエフェクト処理に必要な DSP とメモリーリソースを提供します。前処理装置には、H.264 圧縮などのビデオ処理アプリケーション向けの Stratix® IV FPGA 製品で提供する幅広い DSP とメモリーリソースも必要とされます。

さまざまな放送機器向けアプリケーションにおけるインテル® FPGA の活用については、インテルの放送機器ウェブページを参照してください。

その他のエンドマーケット

その他のエンドマーケットにおけるインテル® FPGA の活用については、以下のページを参照してください。

Stratix® IV FPGA の参照リンク