インテル® Stratix® 10 NX FPGA は、高帯域幅、低レイテンシー人工知能 (AI) アクセラレーション・アプリケーション向けの AI に 最適化された FPGA です。インテル® Stratix® 10 NX FPGA は、標準的なインテル® Stratix® 10 FPGA DSP ブロックと比べて最大 15 倍の INT81 スループットと AI に 最適化されたコンピューティング・ブロック、3D スタック HBM 高帯域幅 DRAM、最大 57.8G PAM4 トランシーバーを備え、高速な AI コンピューティング・ソリューションを提供します。

機能と利点

AI アプリケーション向け最大 15 倍の INT81 スループット

インテル® Stratix® 10 NX FPGA により、AI Tensor ブロックと呼ばれる AI 最適化された新しいタイプのブロックを組み込みました。AI Tensor ブロックは、AI コンピューティングで使用される一般的な行列積またはベクトル行列積向けにチューニングされ、小行列でも大行列でも効率的に動作するように設計されています。 1 つの AI Tensor ブロックで標準的なインテル® Stratix® 10 FPGA DSP ブロックの最大 15 倍の INT81 スループットを実現します。

低レイテンシーな高帯域メモリーバウンドソリューション

メモリースタックの統合により、大規模で永続的な AI モデルをオンチップで実装でき、大規模なメモリ帯域幅でレイテンシーを低く抑えることで、大規模モデルにおけるメモリーに依存したパフォーマンス上の課題を防ぎます。

スケーラブルで柔軟な I/O 接続の帯域幅

インテル® Stratix® 10 NX FPGA には、最大 57.8 Gbps のPAM4 トランシーバーが搭載されており、マルチノード・デザインの制限要因としての帯域幅接続を削減または排除し、マルチノードでの AI 推論ソリューションを実現します。インテル® Stratix® 10 NX FPGA には、PCIe Gen3 x16 および 10/25/100G イーサネット MAC/PCS/FEC などのハード IPも組み込まれています。これらのトランシーバーは、スケーラブルな接続ソリューションと市場のニーズに適した柔軟性を提供します。

用途

自然言語処理

  • 音声認識
  • 音声合成

セキュリティー

  • ディープ・パケット・インスペクション
  • 輻輳制御の識別
  • 不正検出

リアルタイム・ビデオ解析

  • コンテンツ認識
  • 映像の前処理 & 後処理

免責事項

1

インテル社内での推定値に基づいています。
テストは、特定のシステムでの個々のテストにおけるコンポーネントのパフォーマンスを測定します。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なります。システムやコンポーネント製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、性能を総合的に評価してください。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.co.jp/performance/ (英語) を参照してください。
インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。
絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。
結果は推定 / シミュレートされています。コストと結果は状況によって変わります。
© Intel Corporation.Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。