Innovate FPGA デザイン・コンテスト

Innovate FPGA デザイン・コンテストは、環境への影響を低減する FPGA ベースのソリューション探求を目的としています。チームは、エッジ・アプリケーションの接続におけるインテルのエッジセントリック FPGA のインテリジェントな活用が、どのように地球資源の需要を低減するかを示す課題に取り組みます。インテルのエッジセントリック FPGA により、世界中のチームが可能にする様子をご覧ください。

詳細を入手して今すぐ登録

変化するエッジ

データ生成の増加がエッジ上のデバイスの多様化や増加と共に意味するのは、エンジニアによる急速に変化するエッジへの迅速な対応の必要性です。インテルのエッジセントリック FPGA は、組織が新しい製品を市場に迅速に投入するための機能と柔軟性を備えています。

今すぐ開始

カスタマーおよびパートナー・スポットライト

ユーザーは毎日、独自の環境でエッジセントリック FPGA を活用する新しい方法を考案しています。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

その他のインテル® FPGA も、エッジセントリック・アプリケーションで使用されています。しかし、MAX® および Cyclone® FPGA デバイスの特性は、多くのエッジ・アプリケーションにとって重要なものです。低消費電力と小型フォームファクターに焦点を置く一方で、さまざまな種類のアプリケーションにおいても高い評価を受けています。この一連の機能により、ユーザーはエッジへの導入に特化した製品を構築することができます。

我々はユーザーが 15年間、および頻繁に 20 年を超える期間にわたりサポートされる FPGA の導入を選択することを認識しています。25 億個を超える MAX® デバイスと Cyclone® FPGA デバイスの出荷実績により、顧客にこれらの広く使われている FPGA は、信頼と安心した設計を継続できると認識されることが重要です。

はい。MAX® V は CPLD の機能と特徴を備えていますが、同時に FPGA アーキテクチャーを使って設計されています。