MAX® V CPLD のアプリケーション

MAX® V CPLD は、通信、コンシューマー、コンピューティング、産業、軍事などの市場の違いにかかわらず、コントロール・パス・アプリケーションに柔軟性が必要な状況において最適な選択肢です。 たとえ 85 % 以上が埋まっていても、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアが MAX® V デバイスに収まるようにデザインを実装し、PCB デザインを早期に行い、デバイスピン配置を確定できます。

MAX® V CPLD は、次のような新しい機能をもたらします (旧世代の MAX® CPLD との比較)。

  • アーキテクチャー:
    • LE RAM、デジタル・フェーズ・ロック・ループ (DPLL) IP、オンチップ・オシレーター、1.2-V LVCMOS、LVDS 出力のサポート。
  • コスト:
    • 最小単価は 1 ドル以下。
    • 従来はディスクリート・ロジック ASSP で実装されていた外部機能を統合できるアーキテクチャーにより、システム全体のコストを低減。
    • 単一電源 (Vcc コア電圧) で駆動できるため全体の部品コスト削減も可能。
  • わずか 45 uW の低いスタティック消費電力でバッテリー持続時間を延長。

これらの特長により、単独のデバイスに複数のコントロール・パス・アプリケーションを統合することが可能になります。MAX® V CPLD は、その低価格、低消費電力、高性能の組み合わせにより、最高水準の市場価値 (バリュー) を提供します。

主要 CPLD コントロール・パス・アプリケーション

  • I/O 拡張: I/O デコーディングを行い、別の標準デバイスで使用可能な I/O 機能を効率的に低コストで拡張します。
  • インターフェイス・ブリッジング: 互換性のないデバイス間でバスプロトコルと電圧を可能な限り低コストで変換します。
  • 電源管理: ボード上のほかのデバイスのパワーアップのシーケンス制御と監視を管理します。
  • コンフィグレーション / 初期化制御: ボード上のほかのデバイスのコンフィグレーションまたは初期化を制御します。
  • アナログ制御: PWM (パルス幅変調器) により、標準的なアナログデバイス (照明、サウンド、モーション) を D/A コンバーター (DAC) 不要でデジタル制御します。
  • 低コスト、低消費電力の MAX® V CPLD による 5 つの主要コントロール・パス・アプリケーションの実装 (PDF)

MAX® V CPLD の参照リンク