インテル® Xeon® Platinum 8168 プロセッサー

(33M キャッシュ、2.70 GHz)

今すぐ比較する

技術仕様

基本仕様

システムの種類
Server
製品コレクション
インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー
プロセッサー・ナンバー
8168
ステータス
Launched
発売日
Q3'17
リソグラフィー
14 nm

パフォーマンス

コアの数
24
スレッド数
48
プロセッサー ベース動作周波数
2.70 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数
3.70 GHz
キャッシュ
33 MB L3 Cache
UPI リンク数
3
TDP
205 W

補足事項

組込み機器向けオプションの提供
いいえ

メモリーの仕様

最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存)
768 GB
メモリーの種類
DDR4-2666
最大メモリー動作周波数
2666 MHz
最大メモリーチャネル数
6
ECC メモリー対応
はい

拡張オプション

スケーラビリティ
S8S
PCI Express リビジョン
3.0
PCI Express レーンの最大数
48

パッケージの仕様

対応ソケット
FCLGA3647
TCase
85°C
パッケージサイズ
76.0mm x 56.5mm

高度なテクノロジー

インテル® Optane™ メモリー対応
いいえ
Intel® Speed Shift Technology
はい
インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 の動作周波数
いいえ
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー
2.0
インテル® vPro™ プラットフォームの認定基準
はい
インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー
はい
インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x)
はい
ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d)
はい
インテル® VT-x 拡張ページテーブル (EPT)
はい
インテル® TSX-NI
はい
インテル® 64
はい
命令セット拡張
Intel® SSE4.2, Intel® AVX, Intel® AVX2, Intel® AVX-512
AVX-512 FMA ユニット数
2
拡張版インテル SpeedStep® テクノロジー
はい
インテル® Volume Management Device (VMD)
はい

セキュリティーと信頼性

インテル® AES New Instructions
はい
インテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー
はい
エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
はい
インテル® Run Sure テクノロジー
はい
モードベースの実行制御 (MBE)
はい

レビュー

購入情報


インテル® Xeon® Platinum プロセッサー・ファミリー搭載システムを提供している会社の一覧を参照します。

機能と利点

リアルタイム分析

最も要求の厳しいデータ・ワークロードからインサイトを取得し、迅速な判断を下すことができます。大規模メモリー容量は、複雑かつ多様な大量データをわずか数秒で格納し、分析します。

優れた稼動率と可用性

99.999% の稼動率実現を目指して設計されたインフラストラクチャー上でミッション・クリティカルなワークロードを実行します。1 インテル® Run Sure テクノロジーは、頼りになる RAS (信頼性、可用性、保守性) 機能を提供します。

卓越したパフォーマンス

リアルタイムの応答性、要求の厳しいスケールアップ型ワークロードに対応可能な卓越したパフォーマンス、改善された仮想化と低レイテンシーによる圧倒的な生産性を実現するハードウェア・ベースのテクノロジーによって、データセンターに驚異的なパフォーマンスをもたらします。

関連テクノロジー

インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 (インテル® AVX-512)

前世代のインテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2) の倍の FLOPS/Clock-cycle によりパフォーマンスが大幅に向上。モデリングとシミュレーション、データ分析とマシンラーニング、データ圧縮、可視化、デジタルコンテンツ作成などのアプリケーションで、極めて要求の厳しい計算処理タスクに対応します。

詳細

強化されたインテル® Run Sure テクノロジー

新たな機能強化により、高度な RAS (信頼性、可用性、保守性) と、重要なワークロードに対応するサーバー稼動率を実現します。ハードウェアベースの機能で、従来なら致命的であったエラーの診断と修復が可能になり、また、メモリー・サブシステムでのデータ完全性を確保します。

詳細

インテル® Volume Management Device (インテル® VMD)

NVMe ベースの SSD (インテル® Optane™ SSD およびインテル® 3D NAND SSD) に高性能のホットプラグ機能と LED 制御機能を提供します。

詳細

インテルの信頼性の高いインフラストラクチャー

物理インフラストラクチャーおよび仮想インフラストラクチャーの両方で、頻発と巧妙化を続けている多数のセキュリティー脅威に対処するプラットフォーム・セキュリティー・テクノロジーです。

詳細

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー・ファミリーのベンチマーク


速度、パフォーマンス、世界記録、構成の全仕様を確認します。

統合製品

インテル® QuickAssist テクノロジー (インテル® QAT) (Integrated/Discreet)

インテル® QAT は、暗号化とデータ圧縮でハードウェア・アクセラレーションを実現し、ホスト・プロセッサーを他の重要なワークロードの処理に集中させることができます。

インテル® Omni-Path アーキテクチャー内蔵

高速な統合データ・インターコネクト・ファブリックが、コスト効率の高い HPC クラスターの導入を実現します。

インテル® イーサネット・コネクション X722 内蔵

最大 4x10GbE の高速なイーサネット機能がデータの高スループットと低レイテンシーのワークロードを実現。システムの総コスト、電力消費量、ネットワーク・レイテンシーの削減に貢献します2。ソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソリューション、NVM Express* オーバー・ファブリック・ソリューション、仮想マシンの移行に最適です。

免責事項

この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。
1

出典: Information Technology Intelligence Consulting (ITIC)、「Global Server Hardware and Server OS Reliability Report」 (2015 ~ 2016 年)。

2

ネットワーク・レイテンシーとスループット・データは特定のパフォーマンス・ツールで収集され、ワークロードは等価の非 RDMA レイテンシーおよびスループット・データを、同一サーバー・プラットフォーム上のインテル® イーサネット・コントローラー X710、同一の設定と条件で比較しています。コストと電力消費量の削減値は、旧 Grantly プラットフォーム上にあるインテル® イーサネット・コントローラー XL710 と比較した場合の予測に基づいています。