インテル® Xeon® Bronze プロセッサーは、小規模ビジネスや基本的なストレージサーバーを対象としたエントリーレベルのパフォーマンスを提供します。ハードウェア支援型の信頼性、可用性、保守性は、こうしたエントリー・ソリューションのニーズを満たすように設計されています。

製品概要を読む >

製品

2 検索結果

適用済みフィルター

今すぐ比較する
今すぐ比較する

インテル® Xeon® プロセッサー・アドバイザー・ツール・スイート

新しいインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのメリットと、移行ガイドや TCO と ROI の比較が含まれており自分に合った結果が得られる一連のツールをご紹介します。ログインしてください。

開始する >

 

 

購入情報


インテル® Xeon® Bronze プロセッサー・ファミリー搭載システムを提供している会社の一覧を参照します。

機能と利点

ハードウェア支援型の信頼性

インテルがお届けするハードウェア支援型 RAS (信頼性、可用性、保守性) の違いを体験してください。インテル® Xeon® Bronze プロセッサー・ファミリー搭載のエントリー・ソリューションでご利用いただけます。

強化されたサーバー機能

最大 2 ソケットのエントリー・パフォーマンス、6 メモリーチャネルと必要不可欠な I/O 容量を備えたインテル® Xeon® Bronze プロセッサー・ファミリーは、基本的なサーバー・ソリューションのニーズを満たす重要な機能を提供します。

小規模ビジネス向けの信頼性

ビジネスの規模を問わず、データの価値ははかり知れません。経済性に優れたインテル® Xeon® Bronze プロセッサー・ファミリー搭載の小規模ビジネス向けサーバーは、ハードウェア支援型の容量を実現するとともに、アクセスしやすく、強固なデータ保護を実現します。

関連テクノロジー

インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 (インテル® AVX-512)

前世代のインテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2) に比べてクロックサイクル当たりのフロップ数が倍増し1、パフォーマンスが大幅に向上。モデリングとシミュレーション、データ分析とマシンラーニング、データ圧縮、ビジュアライゼーション、デジタルコンテンツ制作などの用途で、演算能力が最も要求されるタスクに対応します。

詳しくはこちら

強化されたインテル® Run Sure テクノロジー

新たな機能強化により、高度な RAS (信頼性、可用性、保守性) と、重要なワークロードに対応可能なサーバー稼動率が実現します。ハードウェアベースの機能で、従来なら致命的であったエラーの診断と修復が可能になり、また、メモリー・サブシステムでのデータ完全性を確保します。

詳しくはこちら

インテル® Volume Management Device (インテル® VMD)

NVMe ベースの SSD (インテル® Optane™ SSD およびインテル® 3D NAND SSD) に高性能のホットプラグ機能と LED 制御機能を提供します。

詳しくはこちら

インテル® トラステッド・インフラストラクチャー

物理インフラストラクチャーおよび仮想インフラストラクチャーの両方で、頻発と巧妙化を続けている多数のセキュリティー脅威に対処するプラットフォーム・セキュリティー・テクノロジーです。

詳しくはこちら

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーのベンチマーク


速度、パフォーマンス、世界記録、構成の全仕様を確認します。

統合製品

インテル® QuickAssist テクノロジー (インテル® QAT) (Integrated/Discreet)

インテル® QAT は、暗号化とデータ圧縮でハードウェア・アクセラレーションを実現し、ホスト・プロセッサーを他の重要なワークロードの処理に集中させることができます。

インテル® Omni-Path アーキテクチャー内蔵

高速な統合データ・インターコネクト・ファブリックが、コスト効率の高い HPC クラスターの導入を実現します。

インテル® イーサネット・コネクション X722 内蔵

最大 4x10GbE の高速なイーサネット機能がデータの高スループットと低レイテンシーのワークロードを実現。システムの総コスト、電力消費量、ネットワーク・レイテンシーの削減に貢献します2。ソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソリューション、NVM Express* オーバー・ファブリック・ソリューション、仮想マシンの移行に最適です。

免責事項

1

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得されたものです。アップデートの適用により、この結果がお使いのデバイスやシステムに該当しなくなる場合があります。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

2

ネットワーク・レイテンシーとスループット・データは特定のパフォーマンス・ツールで収集され、ワークロードは等価の非 RDMA レイテンシーおよびスループット・データを、同一サーバー・プラットフォーム上のインテル® イーサネット・コントローラー X710、同一の設定と条件で比較しています。コストと電力消費量の削減値は、旧 Grantly プラットフォーム上にあるインテル® イーサネット・コントローラー XL710 と比較した場合の予測に基づいています。