今すぐ比較する

技術仕様

基本仕様

システムの種類
Desktop
プロセッサー・ナンバー
i9-7900X
ステータス
Launched
発売日
Q2'17
リソグラフィー
14 nm
同梱品
Please note: The boxed product does not include a fan or heat sink

パフォーマンス

コアの数
10
スレッド数
20
プロセッサー・ベース動作周波数
3.30 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数
4.30 GHz
キャッシュ
13.75 MB L3
バススピード
8 GT/s DMI3
インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 の動作周波数
4.50 GHz
TDP
140 W

補足事項

組込み機器向けオプションの提供
いいえ

メモリーの仕様

最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存)
128 GB
メモリーの種類
DDR4-2666
最大メモリーチャネル数
4
ECC メモリー対応
いいえ

拡張オプション

スケーラビリティ
1S Only
PCI Express リビジョン
3.0
PCI Express レーンの最大数
44

パッケージの仕様

対応ソケット
FCLGA2066
最大 CPU 構成
1
サーマル・ソリューション仕様
PCG 2017X
Tjunction
95°C
低ハロゲンオプションの提供
パフォーマンス、ワイヤレス性能、省電力性能、電力効率の詳細については、 MDDS

高度なテクノロジー

インテル® Optane™ メモリー対応
はい
インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 の動作周波数
はい
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー
2.0
インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー
はい
インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x)
はい
ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d)
はい
インテル® 64
はい
命令セット
64-bit
命令セット拡張
Intel® SSE4.1, Intel® SSE4.2, Intel® AVX2, Intel® AVX-512
AVX-512 FMA ユニット数
2
拡張版 Intel SpeedStep ® テクノロジー
はい

セキュリティーと信頼性

インテル® AES New Instructions
はい
エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
はい

レビュー

機能とパフォーマンス

パフォーマンスの最大化

取り組んでいる作業が最新の長編映画でも、YouTube* で次回配信するシリーズ番組でも、アンロック対応のインテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーは、高周波数の 2 つの最速コアおよび最大 18 コアを使用して、必要なメガタスク処理に対応するレベルまでパフォーマンスを向上できるように設計されています。究極のパフォーマンス、臨場感あふれる 4K ビジュアル、高速ストレージとメモリーなど、最新のテクノロジーの進化を体験してください。計画から制作物の完成まで、かつてないほど迅速に行えるようになります。

創造性を促進する

待ち時間を減らし、作業により多くの時間を費やしましょう。インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーなら、要求負荷の極めて高いワークロードも処理できます。360 度ビデオの素早いアップロードと編集、VR ビデオの体験、これらをすべて美しい 4K で実現します。新しいコンピューターを使用した創造の可能性に制限はありません。

メガタスクの性能を極限まで

作業に最善を尽くすとき、CPU 負荷の高い複数のタスクを同時処理するために最も応答性の高いテクノロジーが必要です。インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーを使用すると、コンピューターの性能を犠牲にすることなく、ビデオの編集、3D エフェクトのレンダリング、サウンドトラックの作曲を同時に実行できます。

安心感を伴ったオーバークロック1

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーをアンロックすることで、さらに高い性能を引き出すことができます。新機能には、各コアを個別にオーバークロックする能力、安定性を確保する AVX 比制御、究極のシナリオを可能にする VccU 電圧制御が含まれます。インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (インテル® XTU) やエクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP) などのツールと組み合わせることで、パフォーマンスを最大化するための強力なキットが手に入ります。

限界への挑戦

関連テクノロジー

インテル® スマート・キャッシュ

インテル® スマート・キャッシュ・テクノロジーによって効率が向上します。要求前のデータ・プリフェッチにより、すべてのコアが L3 キャッシュ全体にアクセスできるようになりました。また、インテル® スマート・キャッシュは、要求時または処理を行っていないときに、動的にキャッシュデータをメモリーに出力する新しい省電力機能を備えており、アプリケーションがユーザーのニーズに対応できるようになっています。

インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0

コンピューターの処理能力を引き上げましょう。インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーで使用可能なインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、プロセッサーの 2 つの最速コアを識別して、最もクリティカルなワークロードをそのコアに導きます。2 向上したシングルスレッド性能により、コンピューターから最高レベルのパフォーマンスを得ることができます。

詳しくはこちら

免責事項

この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。
1

警告:PC クロック / メモリー周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合、以下の事態が生じるおそれがあります。(i) システムの安定性が低下し、システム、メモリー、プロセッサーの耐用年数が短くなる。(ii) プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因となる。(iii) システム性能が低下する。(iv) 発熱の増加およびその他の損傷の原因となる。(v) システムのデータ保全性に影響を与える。動作周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合を含め、インテルはメモリーの特定目的への適合性に関して一切の責任を負いません。保証および追加の詳細情報については、メモリーのメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/gaming/overclocking-intel-processors.html を参照してください。

2

インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、一部のインテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーで利用可能です。