今すぐ比較する

技術仕様

基本仕様

システムの種類
Mobile
プロセッサー・ナンバー
x5-Z8500
ステータス
Launched
発売日
Q1'15
リソグラフィー
14 nm

パフォーマンス

コアの数
4
スレッド数
4
プロセッサー・ベース動作周波数
1.44 GHz
バースト周波数
2.24 GHz
キャッシュ
2 MB
シナリオ・デザイン・パワー (SDP)
2 W

補足事項

組込み機器向けオプションの提供
いいえ

メモリーの仕様

最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存)
8 GB
メモリーの種類
LPDDR3 1600
最大メモリーチャネル数
2
最大メモリー帯域幅
25.6 GB/s

グラフィックスの仕様

グラフィックス ベース動作周波数
200 MHz
グラフィックス・バースト周波数
600 MHz
グラフィックス・ビデオ・メモリー最大容量
8 GB
実行ユニット
12
最大解像度 (HDMI 1.4)‡
3840x2160
最大解像度 (eDP - 内蔵フラットパネル)‡
2560x1600
サポートされているディスプレイ数
3

拡張オプション

PCI Express リビジョン
2.0
PCI Express 構成
2x1, 1x2
PCI Express レーンの最大数
2

I/O 規格

USB ポート数
3
USB リビジョン
3.0

パッケージの仕様

対応ソケット
UTFCBGA1380
Tjunction
90°C
パッケージサイズ
17mm x 17mm

高度なテクノロジー

セキュアブート
はい
インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x)
はい
インテル® 64
はい
命令セット
64-bit
インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー
はい

セキュリティーと信頼性

インテル® AES New Instructions
はい

レビュー

機能とパフォーマンス

ユーザーの生活を豊かにする機能

インテル® Atom™ x5/x7 プロセッサーは、最先端の機能により、ユーザーの生活をより豊かにします。コンテキスト認識機能は、センサーやクラウドからの情報を利用して、ユーザーの状況に応じてコンテンツや設定を取り出します。例えば、ユーザーが歩き出すと、自動的に万歩計で歩数を記録することが可能になります。

驚異的なビジュアル体験

背景を交換したり、顔などの被写体の 3D スキャンを作成できるインテル® RealSense™ テクノロジーの奥行き認識 3D キャプチャー機能によってビデオは新たな次元へとステップアップします。インテル® Atom™ x5/x7 プロセッサーは、最大 24MP の静止画像キャプチャーと 1080p60 ビデオエンコード / デコード機能をサポートしています。また、インテル® ワイヤレス・ディスプレイにより、タブレットの画面をテレビなどの他の画面上で簡単に共有でき、お気に入りのゲームをシームレスにプレイしたり、部屋の中で複数ユーザーとプレゼンテーションを共有することができます。

長時間持続するパフォーマンス

延長されたバッテリー持続時間、インテル® ディスプレイ・パワー・セービング・テクノロジー (インテル® DPST)、インテル® ディスプレイ・リフレッシュ・レート・スイッチング・テクノロジー (インテル® DRRS テクノロジー) によって、パネルのバックライトを暗くし、リフレッシュ・レートを低くすることで、作業やプレイをより長く続けることができます。

免責事項

この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。