インテル® Connectivity Advanced Online Video

インテル® Connectivity Education Hub は、新しいプログラムをここにご紹介します: インテル® Connectivity Advanced Online Video (旧 Barefoot Educational Advanced Courses ON-line - BEACON)。インテル® Connectivity Advanced Online Video では、月額料金が安いシンプルなサブスクリプション・モデルによって、高品質のビデオ・プレゼンテーションや対応する資料にアクセスすることができます。

これらのビデオでは、P4 言語、インテル® Tofino™ アーキテクチャー、インテル® P4 Studio SDE の高度なトピックを、自宅やオフィスにいながらにして、自分のペースで学習することができます。他のビデオコースと同様に、個々のニーズに合わせて、プレゼンテーションを簡単に巻き戻したり、スピードアップしたり、スローダウンしたりできます。もちろん、視聴回数に制限はありません。ご質問がある場合は、connectivity.education@intel.com までお問い合わせください。

利用可能なビデオ

ICV-201 シリーズ。インテル® Tofino™ でのステートフル処理

*ログインが必要
  • エピソード 1。イントロダクションおよびハードウェアの概要 (28:40)
  • エピソード 2。P4_14 構築と PD API サポート (33:33)
  • エピソード 3: ユースケース事例 (予定) 
  • エピソード 4: 演算ユニットを使った近似計算 (予定)
  • エピソード5: P4_16 構築とインテル® Switch Runtime Interface (RI) API サポート (予定)

ICV-202 シリーズ。インテル® Tofino™ パケット・ジェネレーター

*ログインが必要
  • エピソード 1。イントロダクションおよびハードウェアの概要 (13:09)
  • エピソード 2: パケット・ジェネレーター API (18:03)
  • エピソード 3: パケット・ジェネレーターと P4_14 (13:40)
  • エピソード 4: インテル® Switch Runtime Interface (RI) でのパケット・ジェネレーターのサポート (予定)
  • エピソード 5: パケット・ジェネレーターと P4_16/TNA (予定)
  • エピソード 6: 高速フェイルオーバーのためのパケット・ジェネレーターの使用 (予定)

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

はい、そうです。Chargebee.com は PCI 認定を受けています。インテルが、お客様のクレジットカードやその他の金融情報を取り扱うことはありません。

個人のサブスクリプションは月額 98 米ドルよりご利用になれます。また、わずか 10 ヶ月分の料金で 1 年間のサブスクリプションができる半年ごとのサブスクリプション (6 カ月ごとに 490 米ドルを支払う) を選択することもできます。年間サブスクリプション (890 米ドル/年) を利用すると、さらにお得になり、9 カ月分の料金で 1 年間のサブスクリプションが利用可能になります。

また、法人向けサブスクリプションもご利用になれます。

リソース

ご質問をどうぞ

ご質問がある場合は、connectivity.education@intel.com までお問い合わせください。

お問い合わせ

ドキュメント

ログインして、インテル® Connectivity Education Hub のドキュメントにアクセスする。

ドキュメントの閲覧