今すぐ比較する

技術仕様

基本仕様

ステータス
Launched
発売日
Q4'15
保証 期間
3 yrs
外部ポート数
1
動作温度範囲
0°C to 55°C

補足事項

説明
Intel® OPA Single-port PCIe x16 Adapter, Low Profile and Std Height Brackets

拡張オプション

PCI Express リビジョン
3.0

ネットワークの仕様

ポート構成
Single
ポート当たりデータレート
100Gbps

レビュー

最適化と強化

改善された HPC アプリケーション・パフォーマンスと規模を問わないエンドツーエンドの低レイテンシーの大部分は、以下の機能強化によるものです。

強化された Performance Scaled Messaging (PSM)。

ファブリックのアプリケーション・ビューには、強化された次世代バージョンの Performance Scaled Messaging (PSM) ライブラリーを活用したインテル® Omni-Path アーキテクチャー (インテル® OPA) の拡張性とアプリケーション・レベルのソフトウェア互換性が大きく貢献しています。米国エネルギー省やその他の環境での大量導入実績が、この拡張性の利点を裏付けています。PSM は、Message Passing Interface (MPI) に合わせて専用設計されており、ユーザー・スペース・コードは非常に軽量で、「Verbs」を使用した構成の 10 分の 1 となっています。このため、InfiniBand* verbs 使用時より、非常に高い MPI および Partitioned Global Address Space (PGAS) メッセージレート (ショートメッセージ効率) を達成しています。

「コネクションレス」なメッセージ・ルーティング。

コネクションレス設計をベースとしたインテル® Omni-Path (インテル® OPA) アーキテクチャーは、ノード、コア、プロセス間で接続アドレス情報を確立しません。従来の実装では、この情報をアダプターのキャッシュの形で保持しています。その結果、メッセージング・パートナーの規模にかかわらず、接続設計で一貫したレイテンシーを達成できます。この実装により、大規模なノードやコア数のクラスター全体でパフォーマンスを拡大縮小できる可能性が広がります。さらに、アプリケーションをクラスター全体で拡大縮小するため、エンドツーエンドのレイテンシーを低く保つことができます。

インテル® Omni-Path アーキテクチャーのベンチマーク


速度、パフォーマンス、構成の全仕様を確認します。

免責事項

この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。