次世代のハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) ファブリックは、堅牢なアーキテクチャーと一連の機能、100 Gb/s のスループット、エクサスケールを超える拡張性を備えています。

インテルが推進するエクサスケール・コンピューティングと HPC を詳しく見る ›

インテル® Omni-Path ホスト・ファブリック・インターフェイス製品

  • 特にインテル® Omni-Path ホスト・ファブリック・インターフェイス (インテル® OPA HFI) 向けに設計
  • ハイノードとコア数に応じてスケーリングできるパフォーマンスを提供
  • ポート当たり 100 Gbps をサポート

インテル® Omni-Path エッジスイッチ製品

  • 最も要求の厳しいアプリケーションのニーズを満たすファブリックを作成
  • 24 ポートスイッチと 48 ポートスイッチを用意
  • 48 ポートとその他のスイッチおよびディレクターを組み合わせて、さらに大きな多層構成ファブリックを構築

インテル® Omni-Path ディレクター・クラス・スイッチ製品

  • 次世代のインテル® 48-radix スイッチシリコンがベース
  • 最大 768 個の 100 Gb/s ポートをサポート
  • 20U という低フットプリント

インテル® Omni-Path ディレクター・モジュール

  • ハイノードとコア数に応じてスケーリング
  • ポート当たり 100 Gbps をサポート
  • 最も要求が厳しい環境に最適

インテル® Omni-Path ケーブル製品

  • さまざまな長さの光ケーブルや銅タイプのケーブルをサポート
  • 信頼性に優れた通信リンクを提供
  • ビット・エラー・レート (BER) のパフォーマンスを提供

シリコン・フォトニクス

  • 100G 接続を実現
  • インテル® ハイブリッド・レーザー・テクノロジーと完全に統合された唯一のソリューションを提供
  • クラウド・サービス・プロバイダーも採用している業界標準製品を活用

新しい注目の HPC ファブリックの特長と関連コンテンツ

JCAHPC の研究を支えるインテル® Xeon Phi™ プロセッサー 7250 搭載 Oakforest-PACS* が日本最速のスーパーコンピューターに

詳しくはこちら

Penguin 社がインテル® Xeon プロセッサー 搭載インテル® Omni-Path アーキテクチャーを採用し、その高いベアメタル性能によってクラウドにおける HPC を再定義しています。

詳しくはこちら

インテル® Omni-Path アーキテクチャーの市場への強い浸透力と最新動向、スパコン最大の学会「SC17」におけるインテル® OPA の紹介予定などについて、インテルのスコット・ミサージュが紹介します。

詳しくはこちら

Top500 プロジェクトにおけるインテル® OPA の結果について insideHPC の Radio Free HPC チームとスコット・ミサージュが話す様子をお聞きください。

詳しくはこちら

多用途のリソースを提供する Pittsburgh Supercomputer Center (PSC) が HPE システムで Bridges を構築。

詳しくはこちら

京都大学の Cray 製 HPC スーパーコンピューターが世界中の研究者に貢献。

詳しくはこちら

Dell EMC システムで構築されたコロラド大学ボルダー校のスーパーコンピューター「RMACC Summit Supercomputer」が、原子より小さい世界から銀河の世界まで研究の視野を拡大。

詳しくはこちら

米国立安全保障研究所におけるインテル® テクノロジーの先進スーパーコンピューティング

詳しくはこちら

Lenovo は、MARCONI スーパーコンピューターを始めとする HPC データセンターでのデータ「通勤」をスピードアップさせるインテル® Omni-Path アーキテクチャーを支持しています。

詳しくはこちら

ムニラ・フセインがインテル® Omni-Path ファブリック搭載の Dell HPC ソリューションについて解説し、Dell PowerEdge Server* とのパフォーマンス比較を行います。

詳しくはこちら

Hewlett Packard Enterprise は、インテル® Omni-Path アーキテクチャーを使用した新たなソリューションを導入し、組織が HPC クラスターを迅速に展開できるように支援します。

詳しくはこちら

COSMOS シミュレーションは、ISC 2015 でインテル® Omni-Path アーキテクチャーの膨大な帯域幅と低レイテンシーを紹介します。

詳しくはこちら

Argonne National Laboratory は、間もなく公開される Aurora スーパーコンピューターを稼働させるためにインテル® HPC スケーラブル・システム・フレームワークを選択しました。

詳しくはこちら

インテル® Omni-Path アーキテクチャーなどのインテル® テクノロジーを組み合わせることで、HP がハイパフォーマンス・コンピューティングをどのように新たな市場に投入しているかご覧ください。

詳しくはこちら

インテルと HP は、インテル® Omni-Path アーキテクチャーとインテル® Xeon Phi™ プロセッサー・ファミリーをベースとするハイパフォーマンス・コンピューティング・プラットフォームの開発を発表しました。

詳しくはこちら

インテル® Omni-Path と InfiniBand* のパフォーマンスの比較を参照し、インテルがスケーラブルなハイパフォーマンス・コンピューティング・フレームワークをどのように開発しているかご覧ください。

詳しくはこちら

インテル® Omni-Path アーキテクチャーは、拡張性、より高い帯域幅、低レイテンシーを追加することで、HPC コミュニティーがエクサスケールのパフォーマンスを達成できるように支援します。

詳しくはこちら

ハイパフォーマンス・コンピューティング・ファブリック・ビルダーズ

インテル® Omni-Path ファブリックは、現在のファブリックに対して競争力のある価格で、現在と今後の HPC 需要を満たす堅牢なアーキテクチャーと一連の機能を備えています。インテル® ファブリック・ビルダーズのメンバーは、インテル® Omni-Path アーキテクチャーをベースとするワールドクラスのソリューション開発に取り組んでおり、エンドユーザーが固有の HPC ニーズを満たす最適な環境を構築できるように支援しています。

ハイパフォーマンス・コンピューティングの詳細情報 ›


インテル® ファブリック・ビルダーズの詳細情報 › 

関連ビデオ