読み書き混合のワークロードに最適化したストレージ重視の SATA SSD 。従来の HDD に置き換えれば、コストの削減とサーバー効率とデータ信頼性の向上が図れます。

製品

4 検索結果

適用済みフィルター

インテル® SSD DC S4600 シリーズ (960 GB、2.5 インチ SATA 6 Gb/s、3D1、TLC)

  • 960 GB 容量
  • 2.5" 7mm フォームファクター
  • SATA 3.0 6Gb/S インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC S4600 シリーズ (1.9 TB、2.5 インチ SATA 6 Gb/s、3D1、TLC)

  • 1.90 TB 容量
  • 2.5" 7mm フォームファクター
  • SATA 3.0 6Gb/S インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC S4600 シリーズ (240 GB、2.5 インチ SATA 6 Gb/s、3D1、TLC)

  • 240 GB 容量
  • 2.5" 7mm フォームファクター
  • SATA 3.0 6Gb/S インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC S4600 シリーズ (480 GB、2.5 インチ SATA 6 Gb/s、3D1、TLC)

  • 480 GB 容量
  • 2.5" 7mm フォームファクター
  • SATA 3.0 6Gb/S インターフェイス
今すぐ比較する

機能と利点

この SATA SSD はレガシー・インフラストラクチャーとの互換性を考慮して設計されているので、容易にストレージをアップグレードすることができ、データセンターの最新化に伴うコストを最小限に抑えることができます。

TLC インテル® 3D NAND テクノロジーを採用したこの大容量 SSD でデータセンターのラック当たり保存データ量を増やすことができます。サーバーの設置面積を広げずに HDD よりも有利な SSD のパフォーマンスが手に入ります。

HDD に比べて年間故障率 (AFR) が 3.2 倍低い1ため、IT 部門はストレージデバイスの置き換えやアップグレードに費やす時間と費用が軽減できます。インテル® SATA SSD は設置がシームレスで、リセットせずにアップデートが完了するのでダウンタイムを抑えられます。

新しい SATA-designed コントローラーが、拡張性と管理性のコンバージェンスを実現します。画期的なファームウェアにより、サーバーをリセットせずにアップデートが完了するので、ダウンタイムが軽減できます。

関連ビデオ

免責事項

1

初期製品 AFR 0.66% と業界平均 AFR (2.11%) の対比に基づく: 出典 - Backblaze.com