このデータセンター向けインテル® 3D NAND SSD は、充実した機能セットを備え、クラウド・インフラストラクチャーに最適化されています。卓越した品質、信頼性、高度な管理性、サービスの中断を最小限に抑える保守性を提供します。

製品概要を見る ›

適用済みフィルター

インテル® SSD DC P4500 シリーズ (8.0 TB、Ruler PCIe* 3.1 x4、3D1、TLC)

  • 8 TB 容量
  • Ruler フォームファクター
  • PCIe NVMe 3.1 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P4500 シリーズ (4.0 TB、Ruler PCIe* 3.1 x4、3D1、TLC)

  • 4 TB 容量
  • Ruler フォームファクター
  • PCIe NVMe 3.1 x4 インターフェイス
今すぐ比較する
1 ユーザーレビュー

インテル® SSD DC P4500 シリーズ (4.0 TB、AIC PCIe* 3.1)

  • 4 TB 容量
  • HHHL (CEM3.0) フォームファクター
  • PCIe NVMe 3.1 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P4500 シリーズ (4.0 TB、2.5 インチ PCIe* 3.1 x4、3D1、TLC)

  • 4 TB 容量
  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • PCIe NVMe 3.1 x4 インターフェイス
今すぐ比較する
1 ユーザーレビュー

インテル® SSD DC P4500 シリーズ (1.0 TB、2.5 インチ PCIe* 3.1 x4、3D1、TLC)

  • 1 TB 容量
  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • PCIe NVMe 3.1 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P4500 シリーズ (2.0 TB、2.5 インチ PCIe* 3.1 x4、3D1、TLC)

  • 2 TB 容量
  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • PCIe NVMe 3.1 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

機能と利点

クラウドからの発想。ストレージの最適化。

高い効率性により、サーバー当たりのワークロードを向上して TCO を低減するとともにクラウド・インフラストラクチャーに対応する俊敏性を高めます。

クラウドストレージの効率性に最適化

全く新しい NVMe* コントローラーで構成されたこのクラウド向け SSD は、読み取り中心ワークロードに最適化されており、CPU 使用率を最大化するよう設計されています。インテル® SSD DC P4500 シリーズにより、データセンターはより多くのユーザーやサービスへの対応が可能になり、サーバー当たりのワークロードが向上します。こうして、多くのものを格納し、さらに多くのことを把握できます。

ずば抜けた品質と信頼性

業界最先端の品質と信頼性により、ドライブの可用性とデータの安全性を確信できます。保存データの暗号化サポートにより、データ侵害の確率を最小化し、業界最先端のエンドツーエンドのデータ保護により、無兆候データエラーの確率を低減します。1

高度な管理性と保守性

インテル® SSD DC P4500 シリーズは、NVMe*-MI などの高度な管理機能を装えた設計により、さまざまなデバイスの状態をリモートで監視、管理、修復し、重要なサービスの効率化を実現します。

関連ビデオ

免責事項

1

出典 - インテル。エンドツーエンドのデータ保護は、ホスト、SSD コントローラー、メディア間で読み込みまたは書き出しが行われるすべての経路で、データの整合性性を検出および修正する方法を指します。テストは、インテル® SSD DC S3520、インテル® SSD DC P3520、インテル® SSD DC P3510、インテル® SSD DC P4500、Samsung* PM953、Samsung* PM1725、Samsung* PM961、Samsung* PM863、Micron* 7100、Micron* 510DC、Micron* 9100、HGST* SN100、Seagate* 1200.2、SanDisk* CS ECO ドライブで行われました。インテルのドライブエラー率の平均と競合他社のドライブエラー率の平均との比較を基にしています。無兆候データ破損率の特定、およびエンドツーエンドの全般的なデータ保護効果の測定には、中性子放射を使用します。SSD コントローラーのデータ破損原因には、電離放射線、信号ノイズおよびクロストーク、SRAM の不安定性があります。無兆候エラーは、予測データとドライブから得られた実際のデータの比較により、ランタイム時およびドライブが「ハング」した後の再起動時に測定されました。年間のデータ破損率は、ビームの加速で割った加速テスト時の割合から予測されました (JEDEC 標準 JESD89A を参照)。