安定したデータストリームを高速でインテル® Xeon® プロセッサーに直接転送できるため、サーバーは、多数ユーザーの同時サポート、大規模データセットのコンピューティング、書き込み中心のワークロードに対応した高耐久性と低い総保有コストでの高いパフォーマンス (TCO)1 を可能にします。

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • HHHL (CEM2.0) フォームファクター
  • 1.6 TB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • 1.6 TB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • HHHL (CEM2.0) フォームファクター
  • 2 TB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • 2 TB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • HHHL (CEM2.0) フォームファクター
  • 400 GB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • 400 GB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • HHHL (CEM2.0) フォームファクター
  • 800 GB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

インテル® SSD DC P3700 シリーズ

  • 2.5" 15mm フォームファクター
  • 800 GB 容量
  • PCIe NVMe 3.0 x4 インターフェイス
今すぐ比較する

製品

{{#with products}} {{>product-card}} {{/with}}
{{#if product-card.title}}

{{product-card.title}}

{{/if}}
{{#each product-card.items}}
{{#if reviews.showRating}}
{{reviews.reviewsScore}}
{{/if}}
{{#if responsive-image}} {{#with responsive-image}} {{> responsive-image }} {{/with}} {{/if}} {{#if responsive-list-image}} {{#with responsive-list-image}} {{> responsive-image }} {{/with}} {{/if}} {{#with content-main}}

    {{#each productHighLights}}
  • {{this}}
  • {{/each}}
{{/with}}
{{#with content-extra}}
{{#if show-compare }} 今すぐ比較する {{/if}} {{#if price-tray}} {{> price-tray}} {{/if}}
{{/with}}
{{/each}}
{{#if product-card.loader}} {{/if}}
{{#each image-sizes}} {{#if smallren}} {{/if}} {{/each}}
{{#each product.productOffers}}
{{price}}{{#if cents}}{{decimalSeparator}}{{/if}}{{cents}} 購入
{{/each}}
{{#if price-tray.standalone}}
{{#if price-tray.fullwidth}}

Full Width

{{/if}} {{/if}} {{#if price-tray.standalone}} {{#if price-tray.fullwidth}}
{{/if}}
{{/if}}

関連ビデオ

免責事項

1

インテル® Solid-State Drive DC P3500 / P3600 / P3700 シリーズ製品仕様に基づくものです。ランダム I/O オペレーションは IOPS (K) に基づくものです。