インテル® Optane™ パーシステント・メモリー 200 シリーズ (128GB PMEM) モジュール

今すぐ比較する

技術仕様

基本仕様

ディスク容量
128 GB
製品コレクション
Intel® Optane™ Persistent Memory 200 Series
ステータス
Launched
発売日
Q2'20

パフォーマンス

消費電力 - アクティブ時
15W
消費電力 - アイドル時
4.5 W

信頼性

動作温度 (最大)
85 °C
動作温度 (最小)
0 °C
動作温度範囲
0°C to 85°C
保証 期間
5 yrs

補足事項

パッケージの仕様

重量
1.9 oz
フォームファクター
Persistent Memory Module (PMem)
インターフェイス
DDR-T

高度なテクノロジー

ハードウェア暗号化
AES 256 bit

レビュー

機能とパフォーマンス

低価格で大容量

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは、ソケット当たりのメモリー容量を低価格で拡大し、大規模なデータセットによる価値を引き出し、各サーバーの有用性を高めることができます。インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは、SW ライセンスコストの削減、電力効率の向上などにより、TCO の軽減を助けます。

投資を最大限に活かす

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは、インフラストラクチャーの統合を推進します。大容量のメモリーは、ワークロードの統合とより少数のノードへの集中、導入の手間の簡略化、従来メモリーの制約により不十分だったプロセッサー活用の最大化、を助けます。

イノベーションの推進

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは、ワークロードを大幅に制約するシステムのボトルネックを解消する、優れたパフォーマンスを備えた先進メモリー・テクノロジーです。

対象ワークロード

インメモリー・データベースとデータサービス

今日のインメモリー・データベースは、メモリー容量が少ないうえに高価で、揮発性という、従来のコンピューティング・アーキテクチャーの制約を受けています。新しいインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、大容量かつ永続的で低価格の新しいメモリー層です。容量およびパフォーマンスが大幅に向上しており、データを高速に処理します。電源がオフにされるまでデータがメモリー内に保持されるため、再起動時間が短縮され、サービスのリカバリーとアップタイムが高速化します。これまで数分かかっていた処理がわずか数秒で実行されます。

仮想化

仮想マシン (VM) の密度および仮想化のパフォーマンスはこれまで、容量が小さいうえに高価で、揮発性というシステムメモリーの制約を受けていました。新しいインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、増えた容量を使って仮想化サービスを行います。大容量かつ低価格の永続メモリー層なので、低コストで VM の密度を増やすことができます。

高速ストレージ

超高速ストレージ・ソリューションは、小容量なのに高価なシステムメモリーの機能の制約を受けてきました。データの転送先メディアによってスピードが異なるため、パフォーマンス、容量、コストがまちまちでした。インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーおよびインテル® Optane™ DC SSD は、超高速のデータストレージおよびプロセシングを提供する画期的な製品です。これまでハイエンドで高価なメモリーのみでしかなし得なかったパフォーマンスを実現する、全く新しいストレージ・ソリューションです。

免責事項

この機能は、コンピューティング・システムによっては利用できないことがあります。ご利用のシステムにこの機能が搭載されているかどうか、あるいは機能の互換性に関してシステム仕様 (マザーボード、プロセッサー、チップセット、電源、HDD、グラフィックス・コントローラー、メモリー、BIOS、ドライバー、仮想マシンモニター - VMM、プラットフォーム・ソフトウェア、およびオペレーティング・システム) を参照するには、システムベンダーにご確認ください。機能、パフォーマンス、この機能のその他の利点は、システム構成により異なります。