Wi-Fi 6E への備え

新世代の Wi-Fi テクノロジーが間もなく登場します。名前の小さな変更に惑わされてはいけません: Wi-Fi 6E は Wi-Fi 6 を超える大きな進歩を表しています。旧世代の Wi-Fi は、数少ない同じチャネルを利用可能なチャネルとして共有しており、干渉や渋滞につながっています。今や、新しいインテル® Wi-Fi 6E (Gig+) 製品の限定的な新しいチャネルと機能を利用して、Wi-Fi 6E の特別な利点を自宅やビジネス、ゲームユーザーにもたらすことができます。

Wi-Fi 6Eとは?

Wi-Fi の進化における次のステップは、無認可の Wi-Fi の利用ができなかった新しい専用チャネルを広げることによって、ワイヤレスのパフォーマンスを向上することができます。

ワイヤレスシグナルは法律によって利用できるので、特定のアンライセンス・スペクトル幅以内に送信されます。最近の 3 世代のワイヤレス・テクノロジーは、2 つの信号帯域を使用しています。1 つ目の 2.40GHz 帯域は、ベビーモニターや電子レンジなど、多くのデバイスからの干渉により混雑しています。また、5GHz 帯域もレガシー Wi-Fi のデバイスやネットワークにより、混雑状態になっています。

新しい 6GHz 帯域は、レガシーデバイスではなく、Wi-Fi 6E 接続で使用されます。Wi-Fi 6 の信号を送信するために使用可能な周波数の拡大 (Extension) を表しているため、Wi-Fi 6E と呼ばれています。米国規制当局は、2020年に Wi-Fi 使用のための 6GHz スペクトルを初めて承認し、Wi-Fi 6E デバイスの開発と導入を可能にしました。

Wi-Fi 6E と Wi-Fi 6 の比較

新しいワイヤレスデバイスを選ぶ前に、Wi-Fi 6E と旧世代のワイヤレス・テクノロジーWi-Fi 6 の主な違いを知ることが重要です。最も顕著な違いは、Wi-Fi 6E デバイスは、最大 7 つの追加 160MHz チャネルで専用 6E スペクトルを利用するのに対して、Wi-Fi 6 デバイスは 2 つの 160MHz のチャンネルのみで、他のレガシー Wi-Fi 4、5、6 デバイスと混雑した同じスペクトルを共有します。このことは、Wi-Fi 6E デバイスにギガビット速度を容易に体験できる利点と機能を提供します。Wi-Fi 6 デバイスは、Wi-Fi 6E が使用する 6GHz スペクトルの利点を活用することはできません。

さらに、Wi-Fi 6E ノートブックなどのWi-Fi 6E デバイスは、Wi-Fi 6 や Wireless-AC などのレガシー・ワイヤレス・テクノロジーと後方互換性があり、必要に応じてレガシー 2.4/5GHz 帯域のレガシー Wi-Fi 4、5、6 ネットワークに接続できます。

免責事項

1

IEEE 802.11ax 規格で、レガシーの 5 GHz と新しい 6 GHz の Wi-Fi スペクトルを比較。6 GHz のチャネルが多いほど、Wi-Fi 6E ネットワークにおけるテクノロジーの利点により、5 GHz の Wi-Fi 5 と比べ、PC クライアントの理論上の最高速度をさらに上げることが可能です。

2

IEEE 802.11ax 規格のインテル® エンジニアリングのシミュレーションに基づきます。ネットワークが管理するトラフィックに関連する 160 MHz チャネルと Wi-Fi 6/6E テクノロジーの利点により、標準の Wi-Fi 5 ネットワークのランダムな競合ベースのトラフィックに比べ、低レイテンシー、より効率的な運用、信頼性の向上が可能です。

3

IEEE 802.11ax 規格に基づきます。160 MHz チャネルおよびWi-Fi 6/6E テクノロジーの利点により、標準 Wi-Fi 5 の製品に比べ、PC クライアントの理論上の最高速度を大幅に上げることが可能です。