Built with Purpose, Designed for Performance.

Break free from the limitations of legacy data center SSD form factors with the revolutionary new E1.L and E1.S Intel® SSDs based on EDSFF*. Featuring a common connector and pinout, the array of flexible, future-ready features enable a broad range of interoperable designs. Purpose-built to meet your toughest storage challenges and to always be the perfect fit.

Simply Revolutionary

Designed from the ground up, these revolutionary new EDSFF-based SSDs deliver flexible building blocks for scalable solutions, increased operational efficiency at scale and space-efficient capacity consolidating the storage footprint.

EDSFF was created to limit storage form factor proliferation by defining revolutionary industry standard form factors. This was driven by three guiding principles: enable scale, optimize total cost of ownership, and enable a dynamic range of solutions.

These principles were driven by key data center storage challenges, as surveyed from top IT decision makers: ability to scale capacity to support data and application growth, driving down the cost of storage—lowering operating and capital expenditures, while increasing storage agility, and to deliver required application performance without compromises. With a healthy and growing ecosystem, Intel supports EDSFF as the data center form factor standard of the future.

Now You Have Options

The E1.L and E1.S give you options for a variety of data center needs.

E1.L is a purpose-built form factor optimized for disaggregated systems. Providing high per server capacity, enabling up to 32 drives per rack unit for massive storage power. In addition to capacity, this form factor provides key features of thermal efficiency, full serviceability, scalability, and future ready performance.

E1.S provides the best of U.2 and M.2. E1.S in a scalable, flexible, power, and thermally efficient SSD building block. This form factor was designed for high volume hyperscale, and allows system flexibility, increased storage density, modular scaling, improved serviceability, and more efficient cooling optimized for 1U servers.

Optimized Capacity

EDSFF drives were designed to optimize capacity per drive. With 36 media sites on the E1.L this drive can scale to higher capacities without expensive and complex die stacking. The Intel SSD E1.L will scale up to 30.72TB of capacity in 2019.1 Using the 30.72TB E1.L form factor, you will be able to reach nearly 1PB of storage in 1U.2 This provides up to 10 times rack consolidation3 compared to 8TB U.2 15mm drives.

Space Isn’t All it Saves

E1.L provides programmable LEDs to quickly locate failed drives, offline drives, and un-populated slots. With a carrier-less design and an integrated latch, the E1.L removes the need for drive carriers. Advanced enclosure management with slot level power control enables single drive isolation. The E1.L is up to 2 times more thermally efficient than U.2 15mm drives,4while the E1.S is up to 3 times more thermally efficient than U.2 7mm drives.5 With a combination of built in serviceability and thermal efficiency, EDSFF drives allow you to increase operational efficiency at scale.

Intel® Solid State Drives


免責事項

1

出典: インテル。U.2 15mm 接続のインテル® SSD DC P4500 (4TB) と EDSFF ベースのフォームファクターのインテル SSD DC P4500 (4TB) で同等の温度を維持するために必要な空気流量を比較。結果は社内での分析またはアーキテクチャーのシミュレーション / モデリングに基づくものであり、情報提供のみを目的としています。シミュレーションでは、それぞれのフォームファクターにつき 3 基のドライブを、サーバーを模した金属板内に設置。EDSFF ベースのフォームファクターは 12.5mm ピッチ。設置高度は海抜 1000m。SSD ケース表面温度の上限を 70°C として、サーマル・スロットリング機能を設定。ガードバンドは 5℃。結果を EDSFF 仕様準拠フォームファクターのインテル® SSD P4510 で想定される空気流量の代替として使用。

2

出典: インテル。U.2 7mm 接続のインテル® SSD DC P4500 (8TB) と EDSFF E1.S フォームファクターのインテル SSD DC P4510 (8TB) で同等の温度を維持するために必要な空気流量を比較。結果は社内での分析またはアーキテクチャーのシミュレーション / モデリングに基づくものであり、情報提供のみを目的としています。シミュレーションでは、フォームファクターごとに 1U サーバーの実装を比較。E1.S は 11mm ピッチで垂直方向に配置し、U.2 7mm は 18mm ピッチで水平方向に配置。両フォームファクターとも、サーバーを模した金属板で囲んだ。過熱状態になるように条件で各フォームファクターを制限。

3

出典: インテル。2019年発売の EDSFF ベース SSD (30.72TB)。ここに記載されているすべての情報は、予告なく変更されることがあります。最新のインテル® 製品の仕様およびロードマップをご希望の方は、インテルの担当者までお問い合わせください。

4

出典: インテル。32 台の 30.72TB SSD を使用し合計 983TB。E1.L フォームファクターを使用し、1U ノードあたり 32 台の SSD。30.72TB をベースに、将来的にはインテル® SSD D5-P4326 が利用可能。

5

出典: インテル。インテル® SSD D5-P4326 30.72TB (後日発売) x 32 台 x 1 ラック = 最大容量 983TB と、インテル® SSD DC P4500 8TB x 12 台 x 10 ラック = 最大容量 960TB を比較。

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。詳細については、http://www.intel.co.jp/またはハードウェア・メーカーや販売店にお問い合わせください。

インテルは、明示されているか否かにかかわらず、いかなる保証もいたしません。ここにいう保証には、商品適格性、特定目的への適合性、および非侵害性の黙示の保証、ならびに履行の過程、取引の過程、または取引での使用から生じるあらゆる保証を含みますが、これらに限定されるわけではありません。

本資料は、明示されているか否かにかかわらず、また禁反言によるとよらずにかかわらず、いかなる知的財産権のライセンスも許諾するものではありません。説明されている製品には、エラッタと呼ばれる設計上の不具合が含まれている可能性があり、製品が公開されている仕様とは異なる場合があります。現在確認済みのエラッタについては、インテルまでお問い合わせください。