Cloud Inspired. Storage Optimized.

Designed to meet today’s increasingly demanding service levels and support broader cloud workloads, while reducing storage costs.

Built from the success of its cloud-inspired predecessor—the Intel® SSD DC P4600 — and architected with 64-layer TLC Intel® 3D NAND technology, the Intel® SSD DC P4610 and Intel® SSD DC P4618 deliver performance, quality of service (QoS), and capacity improvements to further optimize storage efficiency, enabling data centers to do more per server, minimize service disruptions, and efficiently manage at scale.

An SSD Built for Cloud Storage Architectures
Multi-cloud has become a core element for any enterprise strategy, and top cloud providers have responded by openly embracing PCIe*/NVMe*-based SSDs with scalable performance, low latency, and continued innovation.

As software-defined and converged infrastructures are swiftly adopted, the SSD DC P4610/P4618 meets the need to maximize efficiency, revitalize existing hardware, and accelerate applications across a wide range of cloud workloads, all while reducing operational costs.

Do More Per Server
Intel’s 3D NAND technology enables the SSD DC P4610 to increase available capacity up to 20% more compared to its immediate predecessor, the SSD DC P4600.1 This increased density is the key to supporting broader workloads, allowing cloud and enterprise service providers to increase users, and improve data service levels. Better QoS is ensured with an intelligent firmware algorithm that keeps host and background data reads and writes at an optimum balance.

With the SSD DC P4610, host applications not only have access to higher capacity, but are also serviced at up to 35% faster write rate,2 up to 35% more endurance per drive,3 and up to 4x reduction of service time at a QoS metric of 99.99% availability for random access workload.4

With the SSD DC P4618, write bandwidth is doubled and endurance is increased 50% over Intel® SSD DC P4608.1 2

Minimize Service Disruptions
To ensure telemetry information without disrupting ongoing I/Os, the SSD DC P4610/P4618 includes enhanced SMART monitoring of drive health and status, using an in-band mechanism and out-of-band access. A power loss imminent (PLI) protection scheme—with a built-in self-test—guards against data loss if system power is suddenly cut.

Coupled with our industry-leading end-to-end data path protection scheme, PLI features enable ease of deployment into resilient data centers where data corruption from system-level glitches is not tolerated.5 The SSD DC P4610/P4618 combines firmware enhancements with new 3D NAND features to prioritize host workload and ensure better service levels.

Efficiently Manage at Scale†
To help data centers make the most of increased SSD capacity per server, dynamic namespace management delivers the flexibility to enable more users and scale deployment. The SSD DC P4610 also provides security features like TCG Opal* 2.0 and built-in AES-XTS 256-bit encryption engine, required by some secure platforms.

With the capability to manage multiple firmware versions on a drive and to support updates without a reset, the DC P4610 improves integration and increases the ease and efficiency of deploying at scale.

Intel® SSD DC P4610/P4618 Series – Features & Specifications

Features at-a-Glance

SSD DC P4610

SSD DC P4618

Model

Intel® Solid State Drive DC P4610 Series

Intel® Solid State Drive DC P4618 Series

Capacity

1.6 TB, 3.2 TB, 6.4 TB, and 7.68 TB

6.4 TB

Performance6
128k Sequential Read/Write – up to 3200/3200 MB/s

128k Sequential Read/Write – up to 6650/5350 MB/s

Random 4KB R/W: Up to 654K/220K IOPs

Random 4KB R/W: Up to 1210K/484.5K IOPs

Reliability5

End-to-end data protection from silent data corruption,

uncorrectable bit error rate < 1 sector per 1017 bits read

End-to-end data protection from silent data corruption,

uncorrectable bit error rate < 1 sector per 1017 bits read

Interface

PCIe* 3.1 x4, NVMe* 1.2

PCIe* 3.1 x8, NVMe* 1.2

Form Factor

U.2 2.5in x 15mm (for serviceability, hot-plug, and density)

HHHL Add-in Card

Media

Intel® 3D NAND Technology, 64-layer, TLC

Intel® 3D NAND Technology, 64-layer, TLC

Endurance

Up to 3 DWPD (JESD219 workload)

Up to 4.56 DWPD (JESD219 workload)

Power7

Up to 15 Watt

Up to 29 Watt

Warranty

5-year limited warranty

5-year limited warranty

Intel® SSD Data Center Family


All manageability features are not available at the time of the product release but will be available in future maintenance release. Please refer to product specification for details about feature description and availability.

免責事項

1

インテル® SSD DC P4610 シリーズ 7.68 TB とインテル® SSD DC P4600 シリーズ 6.4 TB を比較。

2

インテル® SSD DC P4610 シリーズ 6.4 TB とインテル® SSD DC P4600 シリーズ 6.4 TB で、128 KB シーケンシャル・ライト処理 (キュー深度 128) を実行し、帯域幅を比較。インテル® SSD DC P4610 シリーズで 3.04 GB/秒、インテル® SSD DC P4600 シリーズで 2.2 GB/秒の帯域幅を計測。インテル® DC P4618 6.4 TB で 5.3 GB/秒、インテル® DC P4608 6.4 TB で 2.5 GB/秒のライト処理帯域幅 (30W モード) を計測。

3

インテル® SSD DC P4610 シリーズ 6.4 TB とインテル® SSD DC P4600 シリーズ 6.4 TB、インテル® SSD DC P4618 シリーズ 6.4 TB とインテル® SSD DC P4608 シリーズ 6.4 TB それぞれを、JEDEC が定めるエンタープライズ・ワークロードに対する耐久性を比較。

4

インテルのテスト:インテル® SSD DC P4610 シリーズ 6.4 TB とインテル® SSD DC P4600 シリーズ 6.4 TB で、ランダムリードおよび 70/30 混合ランダムリード / ライト処理 (4 KB、キューの深度 1) を実行し、99.99 パーセンタイルのレイテンシーを比較した結果。例えば、インテル® SSD DC P4610 シリーズ 1 TB では 0.72 ms、インテル® SSD DC P4600 シリーズ 1 TB では 3.13 ms のレイテンシー (99.99 パーセンタイル) が計測されました。全機能について 15 分間テストを行い、結果を測定。システム・ハードウェア、ソフトウェア、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。また、複数のドライブ間で測定データにある程度のばらつきが生じる可能性があります。脚注 6 の構成で FIO* を使用。

5

出典 - インテル。エンドツーエンドのデータ保護とは、ホスト、SSD コントローラー、メディア間で読み込みまたは書き出しが行われるすべての経路で、データの整合性を検出および修正するために使用される一連の方法を指します。記述は、インテルのドライブエラー率の平均と競合他社のドライブエラー率の平均との比較を基にしています。無兆候データ破損率の特定、およびエンドツーエンドの全般的なデータ保護効果の測定には、中性子放射を使用します。無兆候エラーは、予測データとドライブから得られた実際のデータの比較により、ランタイム時およびドライブが「ハング」した後の再起動時に測定されました。年間のデータ破損率は、ビームの加速で割った加速テスト時の割合から予測されました (JEDEC 標準 JESD89A を参照)。パフォーマンスは2019年5月に実施したテストに基づくものであり、現在公開されているセキュリティー・アップデートすべてが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的にセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

6

テストとシステム構成:CPU:インテル® Xeon® Gold 6140 プロセッサー (2.30 GHz)、DRAM:DDR4 (32 GB)、OS:Linux* Centos* 7.3 (カーネル 4.8.6/4.15.rc1)、インテル® SSD DC P4610 シリーズ、ファームウェアのバージョン:VDV10140。インテル® BIOS パッチ rev13 を使用 (https://ark.intel.com/products/89010/Intel-Server-System-R2208WFTZS)。

7

インテル® SSD DC P4618 シリーズのファームウェア VDV10160 の平均消費電力。シーケンシャル・ライト処理 (転送サイズ 128 KB、キューの深度 128) のワークロードで測定。脚注 7 の構成で FIO* を使用。