インテル® Falcon™ ドローンが石油・ガス関連施設の検査ワークフローを改善

インテル® Falcon™ ドローンが石油・ガス関連施設の検査ワークフローを改善

インテル® Falcon™ ドローンが石油・ガス関連施設の検査ワークフローを改善

インテルと Cyberhawk が、スコットランドのセントファーガスにあるガスターミナルで、インテル® Falcon™ 8+ ドローンを使い、空撮検査ワークフローを改善

世界有数の空撮検査・測量企業 Cyberhawk とインテルは協力して、スコットランドのセントファーガスにあるガスターミナルにおける余剰ガス燃焼装置の検査を改善することで、商用ドローン・テクノロジーの有効性を示し、ビジネス変革を推進しています。従来の方法に代わってインテル® Falcon™ システムを使って検査することで、作業者の危険が低減され、速度と精度が向上し、1 日当たり 100 万~ 500 ...万ドル相当の生産量減少を防げるようになりました。

課題
従来の方法でこの規模の石油・ガス関連施設を検査するには、施設の全体または一部を停止しなければなりませんでした。プラントを停止してから検査できるようになるまで、数日から数週間はかかっていました。従来の方法では、検査作業員がハーネスとケーブルを使った機器で宙づりになり、構造に関する情報を手動で収集していました。施設を停止する回数を減らしてコストを削減しつつ、安全性、効率性、設備検査の精度を向上する必要性に迫られていました。