インテル® テクノロジー搭載タブレット

インテル® テクノロジー搭載タブレットは、ユーザーの期待に応えるパフォーマンスとスピード、俊敏性を兼ね備えています。ビジネス、通信、エンタテインメントなど、さまざまな用途に最新のプロセッサー、抜群のバッテリー持続時間、内蔵セキュリティーを持つタブレットをお選びください。

Android*

  • 超高速 Web ブラウジング、応答性に優れた驚異的なビジュアル
  • アプリをシームレスに切り替え
  • 圧倒的なバッテリー持続時間

Windows*

  • Windows* 10 は最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで真価を発揮します
  • 生産性と創造力を一挙に高め、全画面でエンタテインメントが楽しめます
  • Windows との互換性が組込まれているので、シームレスな体験が可能

超高速パフォーマンス

36%

高速化を実現 (64 ビット・プロセッサー搭載タブレットと比較した場合)1,2

16+

ASUS* Fonepad* のバッテリー持続時間1,3

8x

前世代よりも暗号化処理が高速化1,4

機能と利点

臨場感あふれるエンターテインメントを実現するインテル® Atom™ プロセッサー搭載タブレットで、ちょっとした空き時間に、お気に入りの映画、アプリ、ゲームなどを楽しめます。 

64 ビット・コンピューティングが可能になったインテル® プロセッサー搭載タブレットは、従来のものよりも処理能力と速度が向上1 2。参照用の 32 ビット・プロセッサー搭載の 10 インチ・タブレットに比べて、64 ビット・プロセッサー搭載の同じタブレットは最大 36% 高速になりました。1 2 タブレットでのマルチタスキング、大量のデータを処理するアプリ、ビデオ・写真編集は全く新しいレベルに到達しました。

64 ビットの性能を知る

インテル® プロセッサー搭載タブレットは、驚異的なバッテリー持続時間を提供します。ASUS* Fonepad*(FE375CG) batteryXPRT* で最大 16 時間以上のバッテリー時間1 3 Windows* でも Android* でも、一度充電しておけば外出先で音楽、ゲームなどさまざまなことを楽しめるようになりました。

インテル® プロセッサー搭載タブレットにはベースライン・セキュリティー機能が内蔵されています。セキュアブートでデバイスをより安全に再起動できるようになりました。インテル® AES New Instructions (インテル® AES-NI) が高速な暗号化を実現。前世代 Intel Atom® プロセッサーに比べて、暗号化が最大 8 倍高速になりました1 4。しかも、こうしたセキュリティー機能が追加されてもパフォーマンスは影響を受けません。

関連テクノロジー

最新の Intel Atom® プロセッサーは電力効率に優れたパフォーマンスで、多様なデバイスに搭載されています。

Intel Atom® プロセッサーの詳細

インテル® RealSense™ テクノロジーは、感覚的な入力を解釈し、ビデオを 3D で表示します。

3D の世界をご覧ください

インテル® プロセッサーを搭載し、Windows* 10 が動作するデバイスでは、マルチタスクがよりスムーズになり、起動時間が短縮し、高性能な管理ツールを利用できます。

詳しくはこちら

インテル® AES New Instructions はインテル® プロセッサーによるデータ暗号化を高速処理できる暗号化命令セットです。

データ・セキュリティーを体験

タブレットでもっと多くの仕事を可能に

現代の働く人を考慮して設計されたウルトラポータブルなタブレットによって、ビジネスのモビリティーを拡張できます。内蔵セキュリティーで重要なデータを保護

新しいリソースを発見

頑丈さ、携帯性、薄さ、据え置き型など、教室で求められるデバイスはさまざまです。インテルでは生徒が (もちろん教師も) 教室ですぐに使えるように設計したデバイスを取り揃えています。

生徒と一緒に取り組む

関連ビデオ

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。

インテルは BenchmarkXPRT* 開発コミュニティーのスポンサーであり、メンバーでもあります。またベンチマークの XPRT ファミリーの主要な開発者です。Principled Technologies は XPRT ベンチマーク・ファミリーの公開者です。

2

構成: 32 ビット版 Windows* 8.1 と 64 ビット版 Windows* 8.1 で Adobe Photoshop* に写真フィルター「押し出し」を適用して計測しました。Intel Atom® プロセッサー Z3770 ベースの 10 インチ・インテル® リファレンス・デザインで計測しました (こちらのリファレンス・デザインは購入できません)。詳細および製品の販売状況については、各システムメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.com/benchmarks/ (英語) を参照してください。

3

構成: Intel Atom® プロセッサー Z3560 (最大 2.33 Ghz、4T4C) 搭載の ASUS Fonepad* (FE375CG) を battery XPRT* 総合スコアで評価。詳細については、http://www.intel.com/benchmarks/ (英語) を参照してください。このテストでは、特定のシステムのインテル製品で、おおよその性能を測定しています。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なります。システムやコンポーネント製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、性能を総合的に評価してください。詳細については、http://www.intel.com/jp/performance/ を参照してください。

インテルは BenchmarkXPRT* 開発コミュニティーのスポンサーであり、メンバーでもあります。またベンチマークの XPRT ファミリーの主要な開発者です。Principled Technologies は XPRT ベンチマーク・ファミリーの公開者です。

4

構成: Intel Atom® プロセッサー Z3560 (最大 2.33 Ghz、4T4C) 搭載の ASUS Fonepad* (FE375CG) と、インテル Atom® プロセッサー Z2560 (最大 1.6 GHz、4T2C) 搭載 ASUS Fonepad 7 LTE* (ME372CL) でそれぞれ mobileXPRT* Encrypt Personal Content を計測。

インテルは BenchmarkXPRT* 開発コミュニティーのスポンサーであり、メンバーでもあります。またベンチマークの XPRT ファミリーの主要な開発者です。Principled Technologies は XPRT ベンチマーク・ファミリーの公開者です。製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。