インテル® サーバー・システム D50TNP ファミリーの紹介

パワフルで柔軟な HPC プラットフォーム 1 台で無限に広がる HPC と AI の可能性

インテル® サーバー・システム D50TNP ファミリーは、驚異的なパフォーマンス、容量および汎用性とコンピューティング、管理、ストレージ、アクセラレーションの 4 つの異なる目的に合わせて構築されたモジュールとを組み合わせて、HPC および AI ワークロード向けの手軽なサーバーオプションを提供します。

コンピューティング・パフォーマンスは、第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーにより、前世代よりも最大 40%1 向上しています。新しいアクセラレーター・モジュールは、最大 4 つの 300W PCIe アクセラレーター・カードに対応します。ストレージ・モジュールは、シングル 2U シャーシで最大 1PB の容量を備え、高速ストレージを実現します。

ソリューション概要を読む >

インテル® サーバー・システム D50TNP ファミリーの紹介

主な機能

  • 第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー: プロセッサー当たり最大 40 コアを搭載し、1 コア当たりの卓越したパフォーマンスを提供します。前世代と比較して、最大 40% のパフォーマンス向上 (SPECrate2017_int_base) を実現します。1
  • インテル® ディープラーニング・ブースト: AI 推論を加速し、そのワークロードを汎用性の高い多目的プロセッサーで妥協なく実行できます。
  • 最大 3 つのインテル® ウルトラ・パス・インターコネクト (インテル® UPI): 前世代と比較してプロセッサー間の I/O が高速化。
  • モジュール当たり最大 3200MT / 秒のスループット、最大 2TB の DRAM 容量。
  • インテル® Optane™ パーシステント・メモリー 200 シリーズは、モジュール当たり 2TB の追加メモリーを実現し、初代と比較してメモリー帯域幅が平均 25%2 向上。
  • ストレージモジュール当たり 500TB の高性能 NVMe ストレージを最大 1 台搭載。
  • 高速ネットワークと I/O : 高スループットのインテル® Omni-Path、イーサネット、InfiniBand のサポートにより、クラスターノード間のネットワーク・スループットを高速化。PCI 4.0 サポートにより、ストレージとネットワーク向けの驚異的なスループットを実現します
  • ハードウェア支援型セキュリティー: 内蔵セキュリティー機能により悪意ある攻撃から防御し、データの暗号化を高速化する一方、パフォーマンスのオーバーヘッドを削減することでワークロードの整合性を維持します。

免責事項

1

パフォーマンスが 40% 向上 (SPECrate2017_int_base): 構成: SPEC CPU2017、メモリー 3200MT/s、第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーを前世代のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーと比較。SKU が H または L で終わる、第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーはサポートされません。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

2

前世代と比較して平均 25 %高いメモリ帯域幅: ベースライン: 1 ノード、1x インテル® Xeon® 8280L 28C @ 2.70GHz プロセッサー、1 つのパーシステント・メモリー・モジュール構成搭載の Neon City (6x32GB DRAM; 1x{128GB、256GB、512GB} インテル® Optane™ パーシステント・メモリー 100 シリーズ モジュール 15W) ucode Rev: 04002F00、Fedora 29 実行カーネル 5.1.18-200.fc29.x86_64、App-Direct 搭載 MLC ver 3.8。出典: 2020ww18_CPX_BPS_DI。2020年4月27日、インテルにて測定。新しい構成: 1 ノード、1x インテル® Xeon® プリプロダクション CPX6 28C @ 2.90GHz プロセッサー、1 つのパーシステント・メモリー・モジュール構成搭載の Cooper City (6x32GB DRAM; 1x{128GB、256GB、512GB} インテル® Optane™ パーシステント・メモリー 200 シリーズ モジュール 15W)、ucode プリプロダクション Fedora 29 実行カーネル 5.1.18-200.fc29.x86_64、App-Direct 搭載 MLC ver 3.8。出典: 2020ww18_CPX_BPS_BG。2020年3月31日、インテルにより測定。