インテル® MAX® シリーズ FPGA および CPLD

インテル® MAX® CPLD シリーズは、独自のインスタント・オン、不揮発性アーキテクチャーを備え、低消費電力とオンチップ機能を提供します。

インテル® MAX® 10 FPGA は、小型のプログラマブル・ロジック・デバイスで先進的なプロセシング性能を提供し、不揮発性 FPGA のインテグレーションに変革をもたらします。アナログ - デジタル・コンバーター (ADC) とフル装備の FPGA 機能により、インスタント・オン・デュアル・コンフィグレーションを提供し、広範なコスト重視の量産アプリケーションに最適化されています。

インテル® MAX® V CPLD は、エッジセントリック・アプリケーションやデザインにお勧めします。

インテル® MAX® シリーズ FPGA および CPLD

MAX® シリーズの全世代および主な機能

  従来の CPLD ファミリー MAX® II
CPLD
MAX® IIZ
CPLD
MAX® V
CPLD
インテル® MAX® 10
FPGA
製品発表の時期 1995 ~ 2002 2004 2007 2010 2014
プロセス・テクノロジー 0.50 ~ 0.30 µm 180 nm 180 nm 180 nm 55 nm
主な機能 5.0 V I/O 高 I/O 数 低スタティック消費電力 低コストおよび低消費電力 不揮発性インテグレーション