インテル® Arria® 10 FPGA & SoC

20nm で最高の性能を発揮する FPGA & SoC1

インテル® Arria® 10 FPGA は、一般公開されている OpenCores デザインの使用時、競合製品に比べ、速度が1 グレード分以上高速なコア・パフォーマンスとなり、fMAX で 20% の効果を実現します。1 インテル® Arria® 10 FPGA & SoC は、前世代の FPGA & SoC に比べて最大 40 % の消費電力を削減するとともに、最大 1.5 TFLOPS (1秒間に1兆回行う浮動小数点演算) の速度を実現する業界唯一のハード浮動小数点デジタル信号処理 (DSP) ブロックを搭載しています。1

20nm Arm* ベースのインテル® Arria® 10 SoC は、ミッドレンジ・アプリケーションに最適な性能、電力効率、スモール・フォーム・ファクター、および低システムコストを実現します。TSMC の 20 nm プロセス・テクノロジーをベースにしたインテル® Arria® 10 SoC は、デュアルコア Arm* Cortex*-A9 MPCore* ハード・プロセッサー・システム (HPS) と、ハード化浮動小数点デジタル信号処理 (DSP) ブロックなどの業界をリードするプログラマブル・ロジック・テクノロジーを兼ね備えています。インテル® Arria® 10 SoC は、エンベデッド・ペリフェラル、可変精度デジタル信号処理 (DSP) ブロック、内蔵の高速トランシーバー、ハード・メモリー・コントローラー、プロトコル IP コントローラーなどの豊富な機能セットとプロセッサーを、高度に統合した 1 つのパッケージとして提供されます。

こちらもご覧ください: インテル® Arria® 10 FPGA & SoC 開発ソフトウェアデザインストアドキュメントダウンロードコミュニティー、サポート

インテル® Arria® 10 FPGA & SoC

インテル® Arria® 10 FPGA の機能

インテル® Arria® 10 FPGA SoC の機能

インテル® SoC FPGA エンベデッド開発スイート

下記を含む包括的なツールスイートであるインテル® SoC FPGA エンベデッド開発スイート (SoC EDS) を使用して、ファームウェアとアプリケーション・ソフトウェア開発をすぐに始めることができます:

  • 開発ツール
  • ユーティリティー・プログラム
  • ランタイム・ソフトウェア
  • アプリケーション例

インテル® SoC FPGA EDS の中核となるのは、Arm* Development Studio 5 Intel® SoC FPGA Edition エディションです。このツールキットは、Arm* DS-5* の先進的なマルチコアデバッグ機能と FPGA 対応性を兼ね備えており、チップ全体のデバッグにおける卓越した可視性と制御性を実現します。

詳細

エコシステム

アプリケーション

ビデオ

インテル® FPGA ニュースレターに登録

インテル® FPGA、プログラマブル・アクセラレーター、電源ソリューションに関する最新情報をお求めですか?トレーニングやツールに関する注目のヒントをお探しですか?こちらをクリックして、Intel Inside® Edge 月刊ニュースレターにご登録ください。

このフォームを送信することにより、お客様は、年齢が 18 歳以上であり、個人情報がインテルと共有され、このビジネスリクエストに使用されることに同意したものとみなされます。インテルのウェブサイトとお知らせには、 プライバシー通知 利用規約 が適用されます。
このフォームを送信することにより、お客様は、年齢が 18 歳以上であり、個人情報がインテルと共有され、このビジネスリクエストに使用されることに同意したものとみなされます。また、インテル® テクノロジーや業界トレンドの最新ニュースを電子メールや電話で受け取るために、登録を申し込むことに同意したものとします。登録はいつでも解除できます。インテルのウェブサイトとお知らせには、 プライバシー通知 利用規約 が適用されます。

免責事項

1

テストは、特定のシステムでの個々のテストにおけるコンポーネントのパフォーマンスを測定します。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なります。システムやコンポーネント製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、性能を総合的に評価してください。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.com/performance/ (英語) を参照してください。

2

OpenCL™ および OpenCL™ ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の許諾を得て使用されています。