Solution Performance

SAS* is a world leader in analytics and Artificial Intelligence. SAS Viya* provides a unified, open analytics platform replete with cutting-edge algorithms and AI capabilities. SAS Viya is a cloud-enabled, in-memory analytics engine that provides quick, accurate, and reliable analytical insights.

Visit SAS.com ›

Challenges

  • Customers are currently limited by memory capacity, which restricts the volume of datasets that can be stored close to the CPU, thereby limiting the potential to improve query response times. Expanding the memory footprint to overcome this challenge is often cost-prohibitive for customers.

Solution

  • With 2nd Generation Intel® Xeon® Scalable processors and Intel® Optane™ DC persistent memory (Memory Mode), SAS can take advantage of larger available memory capacity per system, while making it a more cost-effective solution for customers.
  • Customers can now keep multiple large datasets used for gradient boosting models in memory, with little to no performance degradation, and at a reduced cost (see chart showing up to 18% performance improvement for a given cost).1234

Value

Better performance at similar cost - SAS customers can benefit from improved analytics response times, with better TCO2, and while meeting performance expectations.

免責事項

1

パフォーマンス実績は2019年2月15日にインテルと SAS が実施したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

2

2019年3月31日時点の推奨価格設定、2019年6月29日まで有効。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にすることをお勧めします。

3

SAS* Viya* - インメモリー分析: SAS* Viya* 3.4 VDMML アプリケーション。ワークロード: 3 つの論理回帰タスクの同時実行 (各タスクは 400GB データセットで実行)。テストはインテルと SAS が 2019年2月15日に実施。

ベースラインの構成: 2 ソケット、インテル® Xeon® Platinum 8280 プロセッサー (2.70GHz、28 コア、ターボ有効、HT 有効)、BIOS SE5C620.86B.0D.01.0286.011120190816、メモリー総容量 1536GB (24 スロット / 64GB / 2666 MT/秒 / DDR4 LRDIMM)、インテル® SSD データセンター (インテル® SSD DC) S3710 OS ドライブ 800GB x 1 + CAS_DISK_CACHE 向けインテル® Optane™ SSD DC P4800X NVMe* ドライブ 1.5TB x 1 + アプリケーション・データ向けインテル® SSD DC P4610 NVMe* ドライブ 1.5TB x 1、CentOS Linux* 7.6 カーネル 4.19.8。

新規構成: 2 ソケット、インテル® Xeon® Platinum 8280 プロセッサー (2.70GHz、28 コア、ターボ有効、HT 有効)、BIOS SE5C620.86B.0D.01.0286.011120190816、メモリーモード (8:1) 構成インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー 1536GB (12 スロット / 128GB / 2666 MT/秒 / 192GB DRAM、12 スロット / 16GB / 2666 MT/秒 DDR4 LRDIMM)、インテル® SSD DC S3710 OS ドライブ 800GB x 1 + CAS_DISK_CACHE 向けインテル® Optane™ SSD DC P4800X NVMe* ドライブ 1.5TB x 1 + アプリケーション・データ向けインテル® SSD DC P4610 NVMe* ドライブ 1.5TB x 1、CentOS Linux* 7.6 カーネル 4.19.8。

4

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。