Break the Cost and Capacity Barrier with Intel® Optane™ DC Persistent Memory

Break the Cost and Capacity Barrier with Intel® Optane™ DC Persistent Memory

Break the Cost and Capacity Barrier with Intel® Optane™ DC Persistent Memory

Redis Enterprise, a multi-model in-memory database, is optimized to take advantage of novel memory configurations based on Intel® Optane™ DC persistent memory. Data center operators can now equip servers with unprecedented system memory capacities at lower cost than dynamic random-access memory (DRAM)-only configurations. Developers have a new tier available for data placement that provides significantly faster performance than traditional storage.

Application

Redis Enterprise* is the commercial offering of Redis (an in-memory database and one of the most popular NoSQL databases. The workload is called “memtier” and it evaluates the ability of a server (in terms of throughput and latency) to service get/put requests.

Challenges

  • Complex, multi-tiered solutions (with hot data on DRAM and warm data on SSDs).
  • Scaling to very large data-sets, with high performance in a cost effective way.

Solution

  • With larger available memory capacities, Intel® Optane™ DC persistent memory allows the entire dataset to be deployed in a single in-memory database (vs. splitting data sets across servers), thereby reducing costs and hardware footprint.
  • As shown in the performance chart, the SLA of driving 1M ops/second at sub-millisecond response times is able to be met with this configuration.1 2 3

Value

  • Maintain typical customer SLAs (1M ops/sec @ 1ms latency) at reduced hardware costs.
  • Accommodate larger capacity deployments with fewer servers, reduced hardware and operational costs, while maintaining required throughput and latency metrics.

免責事項

1

パフォーマンス実績は2019年2月14日にインテルが実施したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

2

Redis Labs* マルチモーダル・データベース、ワークロード: memtier ベンチマーク (60 億個のキー、1 兆個の値、50/50 リード / ライト比率、ランダムアクセス)。Redis Enterprise* 5.4、CentOS* 7.5 カーネル 4.19.8。テストはインテルが2019年2月14日に実施。セキュリティー緩和あり。ベースラインの構成 (DRAM のみ搭載システム): 2 ソケット、インテル® Xeon® Platinum 8280L プロセッサー (28 コア、ターボ有効、HT 有効)、BIOS SE5C620.86B.0D.01.0286.011120190816、メモリー総容量 1.5TB (DDR4 DIMM 2666MHz 64GB x 24 スロット)、ボンデッド XL710 ネットワーク 40Gb x 2。

新規構成 (DRAM + インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー): 2 ソケット、インテル® Xeon® Platinum 8280L プロセッサー、28 コア、ターボ有効、HT 有効、BIOS SE5C620.86B.0D.01.0286.011120190816、DRAM 192GB (DRAM 2666MHz 16GB x 12)、メモリーモードでの 1.5TB DCPMEM (DCPMEM 128GB x 12)、ボンデッド XL710 ネットワーク 40Gb x 2。

クライアントの構成: (ベースラインとメモリーモードの両方でワークロードの発生に使用した同じクライアント): 2 ソケット、インテル® Xeon® 8180 プロセッサー (2.50GHz、28 コア、ターボ有効、HT 有効)、BIOS SE5C620.86B.00.01.0009.101920170742、メモリー総容量 384GB (DDR4 DIMM 2666MHz 32GB x12 スロット)、XL710 ネットワーク 40Gb x 1。

3

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.co.jp/PerformanceIndex を参照してください。