Solution Performance

Kdb+ is a time series database built for the Financial Services Industry to handle historical data used by 20 out of 21 top global banks. The STAC Antuco benchmark and STAC Kanaga benchmark test multiple aspects of database and HW performance on a typical customer workload. Both are IO-stressing benchmarks with various types of access (random-like, sequential like, with overlap, etc.)

Visit www.kx.com ›

"Our customers are at the forefront of high frequency sensor analytics, financial trading, streaming data surveillance, regulatory monitoring, and real time analytics. To stay competitive, they are in the chase for increased amounts of online memory in order to improve their “time to result” of time-series data analytics. Intel® Optane™ DC persistent memory provides our customers with the opportunity to achieve this by giving customers systems with a massively increased memory set. As both an in-memory and on disk database, we have always pushed against the limits of memory technology with kdb+. This recent testing with Storage over App Direct mode provided access to significantly larger sets of kdb+ in-memory data. Intel® Optane™ DC persistent memory truly enlarges the capabilities of Kx technology by taking full advantage of its unique architecture."
-Mark Sykes, CTO of First Derivatives and COO, Kx

Challenges

Quick access to historical data is absolutely critical to electronic trading to get a competitive advantage. The dataset size is often too large to be stored in DRAM. Adding additional memory is often cost prohibitive, resulting in the need to scale out and increasing HW footprint.

Solution

Higher memory capacities of Intel® Optane™ DC persistent memory (App Direct Mode (Storage over AD)) facilitates storing larger datasets and more historical data closer to the CPU, delivering significant performance improvements (see charts)1 2 3 4, compared to using SSDs (current solution).

Value

Significantly better performance – Kx customers will benefit from being able to access historical data much faster than currently available solutions.

免責事項

1

パフォーマンス実績は2019年3月25日にインテルと Kx が実施し、STAC が監査したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

 

2

Kx kdb+* v3.6 (STAC* Antuco ベンチマーク)、OS: Red Hat* Enterprise Linux* 7.6 (カーネル 3.10.0-957.el7.x86_64)。インテルと Kx がテストを実施し、STAC がその結果を 2019年3月25日に監査済み。

ベースライン: Lenovo ThinkSystem SR650*: 2S インテル® Xeon® Platinum プロセッサー 8280L (2.70GHz、28 コア、ターボおよび HT オン)、BIOS IVE135N-2.10、DDR4 768GB (12 スロット / 64GB / 2933 MT/s / DDR4 LRDIMM)、インテル® SSD P4600 (NVMe*、8TB) x 2、Red Hat* Enterprise Linux* 7.6 (カーネル 3.10.0-957.el7.x86_64)。

新しい構成: Lenovo ThinkSystem SR950*?:2S インテル® Xeon® Platinum プロセッサー 8280L (2.70GHz、28 コア、ターボおよび HT オン)、BIOS IVE135N-2.10、DDR4 768GB (12 スロット / 64GB / 2933 MT/s / DDR4 LRDIMM)、DCPMM 12288GB (24 スロット / 512GB / 2666 MT/s)、インテル® SSD P4600 (NVMe*、8TB) x 2、Red Hat* Enterprise Linux* 7.6 (カーネル 3.10.0-957.el7.x86_64)。

3

Kx kdb+* v3.6 (STAC* Kanaga ベンチマーク)、2011 年~ 2012 年の履歴データで構成されるワークロード、OS: Red Hat* Enterprise Linux* 7.6 (カーネル 3.10.0-957.el7.x86_64)。インテルと Kx がテストを実施し、STAC がその結果を 2019年3月25日に監査済み。

ベースライン: Lenovo* ThinkSystem* SR950?:4S インテル® Xeon® Platinum プロセッサー 8280L (2.70GHz、28 コア、ターボおよび HT オン)、BIOS PSE121C-1.50、DDR4 1532GB (24 スロット / 64GB / 2666 MT/s / DDR4 LRDIMM)、インテル® SSD P4600 (NVMe*、8TB) x 6、Red Hat* Enterprise Linux* 7.6 (カーネル 3.10.0-957.el7.x86_64)。

新しい構成: Lenovo ThinkSystem SR950*?:4S インテル® Xeon® Platinum プロセッサー 8280L (2.70GHz、28 コア、ターボおよび HT オン、BIOS PSE121C-1.50)、DDR4 1532GB (24 スロット / 64GB / 2666 MT/s / DDR4 LRDIMM)、DCPMM 12288GB (24 スロット / 512GB / 2666 MT/s)、インテル® SSD P4600 (NVMe*、8TB) x 6、Red Hat* Enterprise Linux* 7.6 (カーネル 3.10.0-957.el7.x86_64)。

4

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。