Solution Performance

Kingbase Analytics Database (KADB) is a distributed OnLine Analytics Processing (OLAP) database. The workload is specified by Kingbase to simulate a critical business scenario that needs near-real time processing, and runs concurrent SQL queries on a 1.5TB dataset.

Visit Kingbase.com ›

Challenges

The queries in KADB are usually I/O-bound. When customers desire high performance for near-realtime processing, the best way is to cache all the needed data in memory to reduce IO. However, this approach is currently limited by memory capacity, and can be cost-prohibitive for large datasets.

Solution

With Intel® Optane™ DC persistent memory (App Direct Mode), Kingbase can take advantage of the larger memory capacities per socket to store data closer to the CPU and eliminate the I/O bottleneck, while achieving better price-performance (see chart).1 2 3

Value

Improved price-performance: Kingbase customers will benefit from similar performance (being able to process almost the same number of transactions per second), at lower cost2, and while meeting SLA targets for the response time.

免責事項

1

パフォーマンス実績は 2019年1月10日にインテルと Kingbase が実施したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

2

Kingbase KADB* V3R2 (自己定義ワークロード)、OS: CentOS* 7.5 カーネル 4.19.13。テストはインテルと Kingbase が 2019年1月10日に実施。バリアント 1、2、3、および L1TF に対する適切なセキュリティー緩和あり。 

ベースラインの構成: 第 2 世代インテル® Xeon® Platinum プロセッサー 8260L (2.30 GHz、24コア、ターボおよび HT 有効)、BIOS 1.0180、メモリー総容量 1536GB (24 スロット / 64GB / 2666 MT/s / DDR4 LRDIMM)、インテル® SSD データセンター (インテル® SSD DC) S4500 240GB x 1 + インテル® SSD DC P3520 2TB x 1。

新しい構成: 第 2 世代インテル® Xeon® Platinum プロセッサー 8260L (2.30 GHz、24コア、ターボおよび HT 有効)、BIOS 1.0180、メモリー総容量 192GB (12 スロット / 16GB / 2666 MT/s / DDR4 LRDIMM および 1536GB DCPMM、12 スロット / 128 GB / 2666 MT/s インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー)、インテル® SSD DC S4500 240GB x 1。

2019年3月31日時点の推奨価格設定、2019年6月29日まで有効。インテルは、いかなるコストもコスト削減も保証いたしません。購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にすることをお勧めします。

3

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。