Accelerate Performance with 7th Gen Intel® Core™ Processor Family

Responsive performance, fantastic gaming & entertainment and dazzling viewing experiences across a range of form factors.

The 7th Gen Intel® Core™ processor family raises the bar once again on Intel’s latest processors delivering more responsive performance than ever before1, fantastic entertainment & gaming, and more natural, intuitive interactions with your PC. Incredible processor graphics transform the viewing experience with 4K Ultra HD video, 360° video, multiple video streams, and premium content playback, enabling new ways to enjoy sharp and engaging content across a range of form factors.

Responsive Performance
7th Gen Intel® Core™ processors utilize a power-efficient microarchitecture, advanced process technology, and silicon optimizations to deliver faster performance than previous generation processors.1 Web browsing is snappy and responsive with Intel® Speed Shift Technology. On processors with Intel® Turbo Boost Technology 2.0, performance and power is dynamically controlled—for cores and graphics—boosting performance precisely when it is needed and saving energy when it counts. Both the Y-series and U-series processors support two cores and four threads with Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology), enabling compelling 2 in 1 designs and thin clamshells that achieve a unique balance between performance and mobility. PCs enabled with Microsoft Windows* Modern Standby are able to wake immediately at the push of a button, so users don’t have to wait for their system to start up. For the ultimate experience in mainstream and premium notebooks, H-series processors support up to four cores and eight threads, delivering the performance that enthusiasts, gamers, and content creators demand.

Balancing Performance and Mobility

Y-series and U-series processors support two cores and four threads with Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology), enabling compelling 2 in 1 designs and thin clamshells that achieve a unique balance between performance and mobility.

Rich, Immersive Experience
Intel® HD Graphics and Intel® Iris™ Plus graphics deliver advanced performance for captivating visuals.2 With 7th Gen Intel® Core™ processors, users can easily watch, create, edit, share, and game.

With the ability to view premium content up to 4K Ultra HD, the 7th Gen Intel® Core™ processor family allows users to enjoy amazing and vibrant multimedia experiences on compatible displays. It also enables powerful photo & video editing, multiple video streams, 360° videos and high resolution video chat. In addition, users can play their favorite PC games on the go in HD with fluid, texture-rich graphics. Finally, thanks to our new media engine with power- efficient VP9 and HEVC 10-bit hardware acceleration, 4K viewing and content creation is significantly improved versus previous generation processors.3

Simplicity and Convenience
With even more designs supporting touch, voice, and stylus input, intuitive interaction becomes prevalent with 7th Gen Intel® Core™ processors, enabling users to simplify their interactions and unleash their creativity. On notebooks with cameras supporting Windows* Hello facial recognition, users are able to securely2 log into a PC and websites hassle-free.

Extended Battery Life
With the 7th Gen Intel® Core™ processor family further improving power efficiency at a processor and platform level, 7th Gen Intel® Core™ processor-based systems have longer battery life and can utilize smaller batteries to enable even thinner and lighter systems.4 Dedicated hardware acceleration reduces power consumption dramatically, enabling 3X longer battery life during local 4K video playback.5 With the Y-processor family, 2 in 1s and clamshells are reimagined, enabling thin and fanless designs for ultra-mobility. On U-series processors, enhanced productivity and creativity are possible in increasingly slim form factors.

Bring Ideas to Life
With even more designs supporting touch, voice, and stylus input, intuitive interaction becomes prevalent with 7th Gen Intel® Core™ processors, enabling users to simplify their interactions and unleash their creativity.

I/O Support
I/O in U & Y series 7th Gen Intel® Core™ processors offers Gen 3 PCIe support, supporting higher data transfer rates of 8 GT/s versus 5 GT/s with PCIe Gen 2. The latest Intel® Rapid Storage Technology supports NVMe* PCIe x4 Solid State Drives and is capable of utilizing Gen 3 PCIe speed. The Intel® Context Sensing SDK for the Intel® Integrated Sensor Solution allows third-party software vendors to develop exciting sensor-enhanced applications.

Notebooks with the versatile Thunderbolt™ 3 technology, the USB-C that does it all, provide an incredible I/O experience. A single cable conveniently supports up to 40Gbps transfer speeds, two 4K 60Hz displays, system charging up to 100W, external graphics, and Thunderbolt networking to bolster productivity.

Features at a Glance

Features Benefits
Intel® Turbo Boost Technology 2.06 Dynamically increases the processor’s frequency, as needed, by taking advantage of thermal and power headroom when operating below specified limits.
Intel® Hyper-Threading Technology7 Delivers two processing threads per physical core. Highly threaded applications can get more work done in parallel, completing tasks sooner.
Intel Built-In Visuals

Intel® HD Graphics — Allows playing of HD videos with exceptional clarity, viewing and editing of even the smallest details of photos, and playing today’s modern games.

Intel® Quick Sync Video — Delivers excellent video conferencing capability, fast video conversion, online sharing, and fast video editing and authoring.

Intel® Clear Video HD — Visual quality and color fidelity enhancements for HD playback and immersive web browsing.

Integrated Memory Controller Offers stunning memory read/write performance through efficient prefetching algorithms, lower latency, and higher memory bandwidth.
Intel® Smart Cache Dynamically allocates shared cache to each processor core, based on workload, reducing latency and improving performance.
Intel® Virtualization Technology8 Allows one hardware platform to function as multiple “virtual” platforms. Offers improved manageability by limiting downtime and maintaining productivity by isolating computing activities into separate partitions.
Intel® Advanced Encryption Standard New Instructions (Intel® AES-NI)9 Fast, secure AES engine for a variety of encryption apps, including whole disk encryption, file storage encryption, conditional access of HD content, internet security, and VoIP. Consumers benefit from protected internet and email content, plus fast, responsive disk encryption.
Intel® Power Optimizer & Processor C-States Intel® Power Optimizer increases periods of silicon sleep state across the platform ingredients, including the CPU, chipset, and third-party system components, to reduce power. Processor C-states (C8-C10) provide low idle power.
Configurable TDP Power With Configurable TDP, the processor is now capable of modulating the maximum sustained power vs. performance. Configurable TDP thus provides design and performance flexibility to control system performance based on the cooling capability and usage scenarios. For example, a detachable Ultrabook™ may need more performance when used in a full clamshell mode (vs. tablet mode), or when balanced performance is needed in a quiet conference room setting.

免責事項

1

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得されたものです。アップデートの適用により、この結果がお使いのデバイスやシステムに該当しなくなる場合があります。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

Y シリーズのパフォーマンス/バッテリー持続時間の比較は、Intel® Core™ i7-7Y75 での測定と Intel® Core™ m7-6Y75 での測定 (いずれも SYSmark* 2014 を使用) に基づいて行われています。第 7 世代プロセッサーのシステム構成情報:インテル® Core™ i7-7Y75 プロセッサー (PL1=4.5W TDP、2C4T、ターボ時最大 3.60 GHz / 3.40 GHz) を実行するインテル® リファレンス・プラットフォーム、メモリー:2 x 2 GB LPDDR3-1600、ストレージ:インテル® SSD、ディスプレイ解像度:920 x 1080、Windows® 10 Build 10586 (インテル® Speed Shift テクノロジー・モードは Autonomous に設定)、35 Whr バッテリー。SYSmark 2014 は、BAPCo 電力プランで測定されます。グラフィックス・ドライバー:15.45.4471。第 6 世代プロセッサーのシステム構成:インテル® Core™ m7-6Y75 プロセッサー (PL1=4.5W TDP、2C4T、ターボ時最大 3.10 GHz / 2.90 GHz) を実行するインテル® リファレンス・プラットフォーム、メモリー:2 x 2 GB LPDDR3-1600、ストレージ:インテル® SSD、ディスプレイ解像度:1920 x 1080、Windows® 10 Build 10586 (インテル® Speed Shift テクノロジー・モードは Autonomous に設定)、35 Whr バッテリー。SYSmark 2014 は、BAPCo 電力プランで測定されます。グラフィックス・ドライバー:CPU のベンチマークには 15.45.4471、3D グラフィックス・ベンチマークには 15.40.4256。

U シリーズのパフォーマンス/バッテリー持続時間の比較は、Intel® Core™ i7-7500U での測定と Intel® Core™ i7-6500U での測定 (いずれも SYSmark* 2014 を使用) に基づいて行われています。第 7 世代プロセッサーのシステム構成情報:インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー (PL1=15W TDP、2C4T、ターボ時最大 3.50 GHz / 3.50 GHz) を実行するインテル® リファレンス・プラットフォーム、メモリー:2 x 4 GB DDR4-2133、ストレージ:インテル® SSD、ディスプレイ解像度:1920 x 1080、Windows® 10 Build 10586 (インテル® Speed Shift テクノロジー・モードは Autonomous に設定)、40 Whr バッテリー。SYSmark 2014 は、BAPCo 電力プランで測定されます。グラフィックス・ドライバー:15.45.4471。第 6 世代プロセッサーのシステム構成情報:インテル® Core™ i7-6500U プロセッサー (PL1=15W TDP、2C4T、ターボ時最大 3.10 GHz / 3.00 GHz) を実行するインテル® リファレンス・プラットフォーム、メモリー:2 x 4 GB DDR4-2133、ストレージ:インテル® SSD、ディスプレイ解像度:1920 x 1080、Windows® 10 Build 10586 (インテル® Speed Shift テクノロジー・モードは Autonomous に設定)、40 Whr バッテリー。SYSmark 2014 は、BAPCo 電力プランで測定されます。グラフィックス・ドライバー:CPU のベンチマークには 15.45.4471、3D グラフィックス・ベンチマークには 15.40.4256。

2

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、https://www.intel.co.jp/ を参照してください。

3

Intel® Core™ i7-7Y75 と Intel® Core™ m7-6Y75 の測定の比較、および Intel® Core™ i7-7500U と Intel® Core™ i7-6500U の測定の比較に基づく。脚注 25 のシステム構成 (SEG0596、4K、HEVC を使用) のコンテンツ作成ベンチマーク。

4

Intel® Core™ i7-7Y75 と Intel® Core™ m7-6Y75 の測定の比較、および Intel® Core™ i7-7500U と Intel® Core™ i7-6500U の測定の比較に基づく。脚注 25 のシステム構成 (以下の設定): すべての USB デバイスの接続を解除、ローカル WiFi アクセスポイントに接続、画面輝度を 200 nit に設定 (DPST 無効、白背景で輝度を 200 nit および DPST を有効に設定)。OS が完全にアイドル状態になるまで 10 分間待機。ユニバーサル Windows プレーヤーを使用して、Tears of Steel (1080p、H.264、10 MBps) ビデオを起動。ビデオの長さに応じて、平均消費電力を測定および計算。3 回実行し、中央値を報告。

5

Intel® Core™ i7-7Y75 と Intel® Core™ m7-6Y75 の測定の比較、および Intel® Core™ i7-7500U と Intel® Core™ i7-6500U の測定の比較に基づく。脚注 25 のシステム構成 (脚注 27 の設定を使用): ユニバーサル Windows プレーヤーを使用して、Tears of Steel (4K、10b、HEVC、24 fps) ビデオを実行。ビデオの長さに応じて、平均消費電力を測定および計算。3 回実行し、中央値を報告。

6

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

7

一部のインテル® Core™ プロセッサーで利用できます。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー) を利用するには、同技術に対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

8

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーを利用するには、同テクノロジーに対応したインテル® プロセッサー、BIOS、および仮想マシンモニター (VMM) を搭載したコンピューター・システムが必要です。機能性、性能もしくはその他の特長は、ご使用のハードウェアやソフトウェアの構成によって異なります。ご利用になる OS によっては、ソフトウェア・アプリケーションとの互換性がない場合があります。各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/virtualization/virtualization-technology/hardware-assist-virtualization-technology.html を参照してください。

9

インテル® AES New Instructions (インテル® AES-NI) を利用するには、インテル® AES-NI に対応したプロセッサーを搭載したコンピューター・システム、および命令を正しい手順で実行する他社製ソフトウェアが必要です。インテル® AES-NI は、一部のインテル® プロセッサーで利用できます。提供状況については、各 PC メーカーなどにお問い合わせください。詳細については、http://software.intel.com/en-us/articles/intel-advanced-encryption-standard-instructions-aes-ni/ (英語) を参照してください。