よくある質問

IBM クラウドは、クラウドがどこにあろうと、企業がクラウドを実行および管理できるオープンなクラウド・インフラストラクチャーのビジョンに基づいて構築されています。このビジョンにより、企業は、インテル® アーキテクチャーで主要なパフォーマンスの最適化を実現するコスト効率の高いクラウドスタック内の COTS ハードウェアを使用する際に、Red Hat OpenShift などのオープンソース ソフトウェアをより柔軟に選択できるようになります。

さらに、IBM は、規制の厳しい市場において業界特有のワークロードに対応するために、デザイン、エンジニアリング、および能力において、数十年にわたる技術的な洞察を提供します。また、企業は、世界中に設置されている地域データセンターから恩恵を受けることができ、データおよびワークロードの保存と実行を、最適な物理的位置で行うことができます。

IBM クラウドは、特定の業界要件や厳しいコンプライアンス環境に基づいてカスタマイズされたサービスを提供します。その中には金融サービス向け IBM クラウド教育向け IBM クラウド公共部門向け IBM クラウドヘルスケアおよびライフサイエンス向け IBM クラウドなどがありますが、これらに限定されません。これらのシナリオのそれぞれにおいて、インテル® テクノロジーが実現する IBM クラウドは、必要に応じて監視やサイバー・セキュリティーの層を重ねることで、組織が特定の認証やコンプライアンス要件に対する証拠を提供できるよう支援します。

IBM のお客様は、ガイド付きアプローチと自己管理アプローチの両方に対応したレベル別のテクニカルサポートを受けることができ、クラウド管理を容易にする多くのツールを利用することができます。 これらのサービスは、将来の更新とアップグレードに対応するためのライフサイクル計画や、担当のカスタマー・サクセス・マネージャーによるお客様に合わせたサポートも統合することができます。