インテル® NUC 12エンスージアストでパワフルなミニPCを実現

超小型デザインに初めてインテル® Arc™ グラフィックスを搭載した最新のNUC製品

最新情報:インテルは本日、インテル® NUC 12エンスージアスト・ミニPC & キット(開発コード名:Serpent Canyon)を発表しました。ゲーマーやコンテンツ制作などのクリエーター向けに設計されたこのコンパクトなミニPCは、最小のフォームファクターにインテル® Arc™ グラフィックスを搭載しています。また、最新の第12世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載し、インテル® NUCで初めて、インテル® Arc™ A770Mグラフィックス・プロセシング・ユニット(GPU)としてインテル® Arc™ Aシリーズ・グラフィックスを搭載しました。

「インテル® NUC 12エンスージアスト・キットは、インテル® プロセッサーとインテル® ディスクリート・グラフィックスを組み合わせた最初の製品であるため、販売開始されるNUCの中でも最もエキサイティングな製品の1つです。このシステムには、コンテンツ制作やゲームに必要なハイパフォーマンスと、通常は大規模システムで見られる幅広いI/Oという強力な2つの要素が、小型フォームファクターのデザインにすべて盛り込まれています。さらに注目してほしいのは、インテル® スレッド・ディレクターやインテル® Deep Linkなどの有用なテクノロジーを備えた、まさにコンパクトなデザインのメリットを制作やゲームに活かせる最適なNUCだという点です」

-インテル コーポレーション副社長 兼 NUC 事業部 事業部長 ブライアン・マッカーソン(Brian McCarson)

重要な理由:インテル® Arc™ A770M GPUと16GB GDDR6 VRAMを特長とするインテル® Arc™ グラフィックスは、ゲーミングに最適化された新しいマイクロアーキテクチャーと、AIによる解像度のアップスケーリング、リアルタイム・レイトレーシング、DirectX 12 Ultimateのフルサポートといった、最新のビジュアル・テクノロジーによってゲーム・パフォーマンスを向上させます。

インテル® Arc™ グラフィックスと、インテルの高性能ハイブリッド・アーキテクチャーを基盤とする第12世代インテル® Core™ i7-12700Hモバイル・プロセッサーを組み合わせることにより、インテル® NUC 12エンスージアスト・キットは、2.5リットルという超小型のフォームファクターでユーザーが求めるパフォーマンスとイノベーション機能のすべてを実現しています。

また、インテル® Deep Linkに対応した初のデスクトップ製品であり、CPUとGPUがシームレスに連携して、さまざまなワークロードでパフォーマンスが向上します。

その他の機能を以下の通りです。

  • 最大64GBのデュアルチャネルDDR4メモリーのサポート
  • 3つのM.2 PCIeスロット(2つのGen4 NVMeスロットを含む)
  • 2つのThunderbolt™ 4ポート、6つのUSB 3.2 Gen2ポート(Type-A)
  • インテル® i225-LM イーサネット(2.5Gbps)、インテル® Killer™ Wi-Fi 6E AX1690i、Bluetooth 5.2による高速接続
  • HDMI 2.1 TMDS互換ポート(最大4K60)
  • 2つのDisplayPort 2.0(1.4認証)ポート

提供時期について:新登場のインテル® NUC 12エンスージアスト・ミニPC & キットは、構成により1,180ドル~1,350ドルの価格帯で、9月下旬の発売が予定されています。これらのキットにより、ユーザーはニーズに合わせてメモリー、ストレージ、オペレーティング・システムをカスタマイズできるようになります。また今後、完全装備のデスクトップ・システムも、小売店やシステム・インテグレーターを通じて販売される予定です。

詳細情報Max Creativity Mini Footprint. (製品概要) | インテル® NUC 12エンスージアスト(技術仕様)