エッジを越えるエンタープライズ・セキュリティー

エッジを越えるエンタープライズ・セキュリティー

エッジを越えるエンタープライズ・セキュリティー

インテル IT 部門は現在、社内環境のセキュリティーを強化する「Beyond the Edge (エッジを越える)」セキュリティー戦略を策定しています。この新しいセキュリティー戦略では、現在インテル IT 部門が採用しているアプローチにおける 3 つの障害への対処を目指しています。

• 無制限なネットワーク・アクセス。大多数のユーザーが物理ネットワークと論理ネットワークに無制限に接続できるため、エンドポイント・デバイスが悪質なソフトウェアに感染するおそれがあり、リスクが増大します。

• 非効率なバックホール。インテル IT ...部門は外部クラウドでのアプリケーションとコンテンツのホスティングをサポートしています。現在、ユーザーは、外部でホスティングされているリソースにアクセスする前に、インテルのバックエンドに対する認証を行う必要があります。こうした要件がレイテンシー、非効率性、帯域幅の過剰使用の原因となり、プライバシーに関する懸念が発生する可能性も含んでいます。

• 一貫性のない開発者体験とユーザー体験。アプリケーションは社内外でホスティングされていますが、開発者に対して、適切なセキュリティー機能を使用するための一貫性のあるインターフェイスが提供されていません。同様に、セキュリティー要件への対応に関連するユーザー体験も、アプリケーションのホスティング方法やユーザーデバイスによって異なっています。

インテル IT 部門の Beyond the Edge セキュリティー戦略には次の利点があります。

• アプリケーションとサービスをクラウドの内外に円滑に移行できるハイブリッド・クラウド・モデルのサポート。

• アプリケーションやデータがホスティングされている場所や、エンドポイント・デバイスの種類にかかわらず、ユーザーと開発者の双方に、同じアクセス方法、同じセキュリティー・インターフェイスの一貫した体験を提供。

インテル IT 部門では、Beyond the Edge セキュリティー戦略の概念実証に成功しています。2016 年の上半期には、インテルの実稼動環境への限定的な導入を予定しています。

IT に関するプロジェクトをインテルが支援します

登録フォームより入力していただくと、インテル® IT アドバイザーからご連絡させていただきます。エキスパートによる個別サポートをぜひお試しください。

今すぐ相談する (英語)

関連ビデオ