産業用 PC のアップグレードおよび仮想化により、各工場は時間とコストを節約、クリーンルームの面積の削減、設備の稼働率と安定性の向上を実現

産業用 PC のアップグレードおよび仮想化により、各工場は時間とコストを節約、クリーンルームの面積の削減、設備の稼働率と安定性の向上を実現

産業用 PC のアップグレードおよび仮想化により、各工場は時間とコストを節約、クリーンルームの面積の削減、設備の稼働率と安定性の向上を実現

成長戦略の一環として、インテル IT 部門はオペレーションを最適化し、コストの削減が可能な工場向けソリューションを模索していました。過去数年間では、クリーンルームの各製造ツールの前に設置されていた産業用 PC (IPC) をすべてインテル® Core™ i7 プロセッサー搭載の PC にアップグレードしました。また Microsoft* Windows* 10 に移行し、エッジで増大するワークロードを一元管理できるようにしました。新しい工場の建設時に、仮想ステーション・コントローラー・ソリューションを開発・導入し、効率性を向上させ、より迅速な展開を可能にしました。

ソリューションでは、インテル® CPU を搭載したサーバー、エンタープライズ・レベルのインテル® Solid-State Drive (インテル® SSD) 、仮想ストレージ、今まで生産現場の各ツールの横にあった... IPC をすべてホスティングする仮想サーバーを組み合わせました。現在これらは、工場のデータセンターからホスティングされています。

関連ビデオ