インメモリー・データ・プラットフォームによるインテルのサプライチェーンの最適化

インメモリー・データ・プラットフォームによるインテルのサプライチェーンの最適化

インメモリー・データ・プラットフォームによるインテルのサプライチェーンの最適化

すべてがハイペースで進む今日のビジネス界では、迅速でデータ主導型の意思決定が競争力の維持に不可欠です。これは、受注に始まり、資材調達、生産、テスト、最終納品へ至るインテルのサプライチェーンにとっては特に重要です。

インテル IT 部門では、新しいインメモリー・データ・プラットフォームの導入を進めています。このプラットフォームは、インテルのエンタープライズ・アプリケーションとビジネス・インテリジェンス (BI) 環境全体に変革をもたらす可能性があります。今回、このプラットフォームを初めて導入したことで、リアルタイムの予測ビジネス分析が可能になり、インテルのサプライチェーンは一変しました。ビジネス部門と IT 部門は、このプラットフォームを導入することで、次のようなメリットが得られます。

• システム・パフォーマンスの改善。
...レポーティング・レイヤーとトランザクション・レイヤーの廃止。
• データベース、データ処理、アプリケーション機能を共通のプラットフォームに統合することで、複数の障害点を排除。
• リアルタイム・データを使用することで、オンライン・トランザクション処理アプリケーションと分析アプリケーション間のデータホップ数が減少。その結果、データ・レイテンシーが減少して判断時間が短縮され、最適な在庫レベルを維持できるようになります。
• セルフサービス分析のサポートにより、企業は、IT 部門によるレポートと新たなデータベースの構築を待たずに、より適切な判断を迅速に下すことが可能。
• システム間でのデータ調整が不要になり、データ品質が向上。
• 複数のアプリケーションを共通のユーザー・インターフェイスで操作することで、サプライチェーンのワークフローが改善され、IT チームがインテルの各部門に提供すべきトレーニングやサポートが減少。

インメモリー・データ・プラットフォームでリアルタイムの分析能力を獲得することで、変化に即座に対応できるダイナミック・サプライチェーンというインテル IT 部門が掲げる目標を実現できます。さらに、今回のサプライチェーンへの導入を経験したことで、リアルタイム・データをその他の分野にも革新的な方法で適用できるようになります。

IT に関するプロジェクトをインテルが支援します

登録フォームより入力していただくと、インテル® IT アドバイザーからご連絡させていただきます。エキスパートによる個別サポートをぜひお試しください。

今すぐ相談する (英語)

関連ビデオ