インテル IT 部門のデータセンター戦略

インテル IT 部門のデータセンター戦略

インテル IT 部門のデータセンター戦略

インテル IT 部門は、統制のとれた方法で変革を推進し、画期的なテクノロジー、ソリューション、プロセスを適用することで、インテルのデータセンターを 1 つの工場のように運用しています。これにより、インテルのビジネス要件を適切に満たしながら、社内のユーザーに効率的なデータセンター・インフラストラクチャー機能と革新的なビジネスサービスを提供できるようになりました。インテルのデータセンター戦略は、これまでの投資とテクノロジーに基づき、2010年から 2018年までに 28 億米ドルを超えるコスト削減を達成しています。

インテルのデータセンター戦略は、画期的なテクノロジー、ソリューション、プロセスを適用して、インテルのビジネスを加速させることです。またデータセンター・サービスは工場のよう工場のように統制のとれた変化管理を行います。インテルのアプローチにより、インテルのビジネス要件を適切に満たしながら、社内のユーザーに効率的なデータセンター・インフラストラクチャー機能と革新的なビジネスサービスを提供できるようになりました。

インテルのデータセンター戦略は、これまでの投資とテクノロジーに基づき、2010年から 2019年までに 38 億米ドルを超えるコスト削減を達成しています。今後 3 年間、データセンター・ストラテジジーを拡張して、データセンター・インフラストラクチャーの変革を継続していくことを計画しています。破壊的なサーバー、ストレージ、ネットワーク、インフラストラクチャー・ソフトウェア、データセンター施設の技術を活用し、これを達成します。こうしたことにより、これまでにないレベルのサービス品質の実現とビジネス・アプリケーションの総保有コスト (TCO) 削減 (TCO) 削減をはかります。そして、IT の運用効率を高めて、環境に、環境に対する責任を果たしていきます。

データセンター戦略における変革のポイントは以下の通りです:

  • 3 つの主要 KPI に注力。以下のメトリクスによりデータセンターの変革の成否を評価します。限られた予算で (コスト競争力の維持)、増大する顧客の需要を持たし (SAL/QoS)、インフラストラクチャー資産の使用率を最適な形で伸ばす (資産効率性)。
  • 投資モデルを変更して大胆なイノベーションを大胆なイノベーションを推進。現状の能力を「達成可能な最良のモデル」と比較することで、イノベーションへの取り組みを推進し、段階的な変化よりも早いペースでインフラストラクチャーを変革します。
  • 新しいユニットコストの財務モデル。インフラストラクチャーがサポートするビジネス機能に基づき、このモデルによりさらに正確にデータセンターのTCOを評価できます。このモデルはサービス・アウトプット 1 ユニットあたりのコストを測定します。これにより、投資内容を比較してそれぞれのビジネス部門の条件を考慮しながら判断ができます。そのため、ROI とビジネス価値を最大限に高めることができます。

主な成果は次の通りです:

  • 新規購入による更新と比較し、44 パーセントの節約を達成した分離サーバー。
  • 国際的な WAN リンク を通じてサイト間のデータ転送率が 400 パーセント増加。
  • 新規物理サーバーの導入に関して、1 日で導入を可能にしたプロセスの変革。
  • 252 倍の容量が、第 6 世代ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) 環境と 107 倍の品質改善を推進。

データセンター変革戦略はインテル IT 部門が競争力を維持するのに不可欠です。インテル IT 部門のビジネスサービスの品質、スピード、効率性を高める継続的なイノベーションの基盤を作っています。

関連ビデオ