IoT による製造の最適化

IoT による製造の最適化

IoT による製造の最適化

製造業では長年、統計プロセス管理や統計データ分析を使用した最適化が行われてきましたが、近年はより優れたデータが得られるようになり、新たな手法やインフラストラクチャー、ツールを導入するチャンスが訪れています。コンピューティング・パフォーマンスが向上し、オープン・スタンダードと業界のノウハウが普及して、大学などの研究機関の優れたデータ統計学者から知識の提供を受けられる今日、製造業界がビッグデータを活用する機会は整ったと言えるでしょう。新しい製造業向けのインテリジェンスを利用すれば、品質と生産能力を高め、不具合の根本原因をより深く追求し、装置の故障や生産ラインの停止を防止することができます。こうした新しいビジネス価値とテクノロジー機能を採用することで、ビジネスモデルと業務プロセスを変化させて、製造設計を最適化することができます。また、サプライチェーン管理の改善と製造サービスのカスタマイズを通じて...、地域ごとの消費者に向けてカスタマイズした製品を短期間で市場投入できるようになります。

このホワイトペーパーでは、あるインテル製造施設で導入された IoT の概要を示し、工場の装置やセンサーから収集されたデータの分析がもたらす業務効率の改善やコスト削減についてご紹介します。業界の Cloudera 社、Dell 社、三菱電機、Revolution Analytics 社の協力を得たこの IoT ビッグデータ分析プロジェクトは、年間数百万ドルのコスト低減をもたらすとともに、ROI の向上も期待されています。

関連ビデオ