Smart City Days

期間限定イベントの第 1 弾「Smart City Days」では、「実証から事業化への道を支えるテクノロジー」をテーマに、内閣府の倉谷 英和 様や独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) の佐々木 弘志 様による特別講演をはじめ、スマートシティーに関わるさまざまな立場の方にご登壇いただき、都市全体を IoT や AI テクノロジーによりスマート化する、スマートシティーの現状をご紹介しました。

オンデマンド公開中

Smart City Days のチラシはこちら

イベントの詳細はこちら

インテル IoT プラネット

インテルによる新しいバーチャル・イベント・スペース「インテル IoT プラネット」は、インテルやパートナー企業が展開する IoT ソリューションについて、導入の相談やイノベーションの提案といった商談をオンラインで直接行う機会を提案する「インテル IoT Meet UP」を開催いたします。イベント当日には、インテルのパートナー事業に関するセミナーも開催いたします。

「インテル IoT Meet UP」

開催日: 2021年10月27日 (水)

通常のオンラインセミナーでは難しい、自社の課題についてのちょっとした相談や具体的な商談へのきっかけとして、ご活用ください。

「インテル IoT プラネット」についての詳細はこちら

インテル IoT プラネットへ (事前登録制)

今、スマートシティーの時代へ

現代の都市は速いペースで成長し続けています。現在、世界の人口の 55% が都市圏に住み、その数は 2050年までに 13% 増加すると予測されています。1 世界中の都市は、市民に目に見える公平な経済、社会、および環境の利点を提供するという課題に直面しています。また都市は、より質の高い持続可能なサービスの提供、公共安全の改善、渋滞および環境問題への対処、コスト削減、地域経済の競争力の強化を迫られています。既存のインフラストラクチャーおよび多くの人材資源を必要とするプロセスの拡張は、法外なコストを要し、管理およびサポートが行えないため、都市はこれらの負荷を軽減する技術的ソリューションを模索しています。

人口が増加する中、テクノロジーはかつてない進歩を遂げています。モノのインターネット (IoT) デバイス、エッジ・コンピューティング、機械学習、人工知能 (AI)、および 5G 通信ネットワークの登場により、求められる技術的ツールが利用できるようになり、スマートなテクノロジーが支援する都市への移行が可能になりました。

現在、組込みのスマートシティー・テクノロジー (センサー、カメラ、およびエッジ・コンピューティング) により、注意を要する問題をほぼリアルタイムで認識でき、これらのデバイスによって収集、分析されたデータは都市運用を最適化するために活用できます。スマートシティー・ソリューションは、基本サービスの向上、公共安全の強化、持続可能性の向上、計画および政策立案の周知を可能にします。また、公共体験を向上させ、地域のスポーツ競技場、テーマパーク、リゾート地での運用効率を最適化したり、大学キャンパスにおける駐車や安全を向上させたりすることができます。スマートシティー・ソリューションの範囲と影響は幅広いものですが、その適用のすべてが市民の生活の質を向上させるために役立ちます。

Build a Smarter City
スマートシティー・ソリューション・カタログ

インテルが目指すスマートシティーの概要と、エッジから、ネットワーク、クラウドまでのスムーズなデータの移動とタイムリーな共有、スムーズかつ適切なデータ利用を実現するソリューションをご紹介するカタログです。

ソリューション・カタログを見る

よくある質問

スマートシティーは、現代の都市全体に組み込まれたセンサー、カメラ、およびコンピューターからデータを収集、分析します。このデバイスとデータから成る網は、交通信号やごみ箱から政策立案者や警察まで、すべてのものとすべての人をよりスマートに、より効果的にできる、ますます洗練されたインテリジェンスの層を創出します。

スマートシティー・ソリューションは、スマートな交通信号からスマートな公共安全まで、あらゆる規模の都市で広がっています。テクノロジーに投資し、スマートシティーへの弾みをつけている都市の例として、シンガポールサンフランシスコレイキャビクの 3 都市が挙げられます。

スマートシティー・テクノロジーは、高帯域幅の 4G および 5G ネットワークが提供する AI により自律的で非常に迅速に検知、分析、動作するビデオカメラ、IoT センサー、およびデバイスを含みます。

コスト: 都市インフラストラクチャーにカメラ、センサー、そしてコンピューティング・デバイスを追加するには資金が必要です。しかし、コストは、より声高に唱えたり経費を削減、もしくはスマート・テクノロジーの使用による新しい収益源による相殺もあり得ます。

データ管理、セキュリティー、およびプライバシー: スマートシティー・テクノロジーは、導入が済むと大量のデータを生成し、これに依存することになります。データを収集し、さらにそのデータをシステム全体で整理、分析、共有することは大規模な取り組みとなります。さらに、人々のプライバシーとその都市の情報を守ることが重要になります。データ管理およびより小規模なプロジェクトとのシステム統合の継続的な対応は、ハードウェア支援型セキュリティー技術とエンドツーエンド措置を活用により、都市がこうした課題に安全な方法で取り組む助けとなります。

インテルとそのパートナーは、既存のハードウェアで動作する、オープンなソフトウェアデファインド・スマートシティー・ソリューションへの移行をリードしています。オープンな規格でソリューションを構築しており、今日のテクノロジーは明日のイノベーションと連携できるのです。都市が実質的にあらゆる場所において AI を拡張し、すべての住民に向けた、よりスマートなサービス、より安全な道路、そしてより健康で持続可能な環境の提供を助けます。

コスト: 都市インフラストラクチャーにカメラ、センサー、そしてコンピューティング・デバイスを追加するには資金が必要です。しかし、コストは、より声高に唱えたり経費を削減、もしくはスマート・テクノロジーの使用による新しい収益源による相殺もあり得ます。

データ管理、セキュリティー、およびプライバシー: スマートシティー・テクノロジーは、導入が済むと大量のデータを生成し、これに依存することになります。データを収集し、さらにそのデータをシステム全体で整理、分析、共有することは大規模な取り組みとなります。さらに、人々のプライバシーとその都市の情報を守ることが重要になります。データ管理およびより小規模なプロジェクトとのシステム統合の継続的な対応は、ハードウェア支援型セキュリティー技術とエンドツーエンド措置を活用により、都市がこうした課題に安全な方法で取り組む助けとなります。

インテルとそのパートナーは、既存のハードウェアで動作する、オープンなソフトウェアデファインド・スマートシティー・ソリューションへの移行をリードしています。オープンな規格でソリューションを構築しており、今日のテクノロジーは明日のイノベーションと連携できるのです。都市が実質的にあらゆる場所において AI を拡張し、すべての住民に向けた、よりスマートなサービス、より安全な道路、そしてより健康で持続可能な環境の提供を助けます。