よりスマートに機能するデジタル屋外広告

分析と AI を活用し、デジタルサイネージでよりターゲットを絞った広告を展開する新たな波が広がっています。

デジタル屋外広告 (DOOH) は、最も急速に成長している広告形態の 1 つです。最新のデジタルサイネージ・ソリューションは、AI と分析によって実現される新たな機能を提供し、適切なメッセージを適切なタイミングで提示することで、ブランドとそのターゲット層を結び付けることができます。その結果が、人目を引き強く印象に残るメッセージでターゲットとなる外出中の消費者の注目を集めるという効果として表れます。

デジタル屋外広告 (DOOH) とは

OOH と呼ばれる屋外広告は、消費者の自宅以外のあらゆる場所に設置されています。公共の場所やイベントセンター、大学の構内、多くの人が利用する地下鉄の駅、小売店、タクシーの座席やエレベーターの中、商業地域内のスペースなど、設置場所はさまざまです。ビルボード、ポスター、車両のラッピング、そしてバスの待合所やベンチなど、街頭に設置されているのをよく目にするのではないでしょうか。

デジタル屋外広告 (DOOH) は、最新の屋外広告の形態で、デジタルサイネージ・テクノロジーで実現されています。従来のプリント広告に比べてデジタルスクリーンは動的であり、適切なターゲット層に適切なタイミングで適切なメッセージを表示できます。

動的な DOOH により、すべてのスクリーンがアドレサブル (addressable)、アカウンタブル (accountable)、アトリビュータブル (attributable) になります。これは「3A」と呼ばれる戦略です。

  • アドレサブルは、デジタル広告をプログラム制御で起動できることです。
  • アカウンタブルは、広告の効果を測定できることです。
  • アトリビュータブルは、広告がもたらした実際のビジネス成果を測定できることです。

その結果、現在の DOOH は、オンライン広告やモバイル広告と同様に、オーディエンスの層とエンゲージメントや、オフラインとオンライン間の相互作用など、より多くのデータを活かせるようになり、DOOH の影響力は極めて大きくなっています。DOOH が 1 対多のメディアから 1 対特定のメディアへと進化するにつれ、広告主にとってインテリジェントな DOOH はマルチチャネル戦略の重要なパーツへと変化し始めています。

世界の DOOH 市場は、2025年には年間で 317 億米ドルに達すると予測されています。1 同時に、DOOH の動向から、スクリーンの数は、2018年の約 3,800 万台の接続ディスプレイから、2021年には世界中で 8,700 万台まで増加すると見込まれています。1 メディア・ネットワークや広告主が最新のデジタルサイネージ・テクノロジーを使用してインパクトを与えるチャンスは計り知れません。

スクリーンの数は、2018年の約 3,800 万台の接続ディスプレイから、2021年には世界中で 8,700 万台まで増加すると見込まれています。

DOOH のメリット

最新のデジタルサイネージ・テクノロジーによって、DOOH は驚くほど用途が広がります。メディア・ネットワークは、利用者の多い乗換駅でストリーミング広告を配信することも、ショッピング・センターでタイムリーな関連キャンペーンを提供することも、交通量の多い交差点でデジタルビルボードに高精細ビジュアルを配信することもできます。

プリント広告などほかのタイプの広告をしのぐ DOOH のさまざまなメリット:
大規模なオーディエンスにリーチする
DOOH は、屋外や公共の場所で顧客の注目を引き続けることができます。消費者は約 70% の時間を自宅から離れて過ごすため2、屋外メディアはどのような広告主にとっても戦略の重要な部分となるはずです。
ターゲットを絞って、より大きなインパクトを与える
デジタルによる広告は 1 日または 1 週間単位で変えることができるので、ターゲット層に的を絞った、より高い効果を発揮できます。
効果を測定し、戦略を練る
デジタルサイネージを分析と組み合わせることで、オフラインとオフライン間の相互作用や影響力といったデータをリアルタイムで抽出できるため、メディア・ネットワークとそのクライアント企業が、広告活動の効果拡大を図ることができます。

プログラム制御による DOOH

広告スペースを提供する屋外メディア・ネットワークにとっては、プログラマティック・プラットフォームの DOOH にはまた別の重要なメリットがあります。

プリント広告の場合、広告主はメディア・ネットワークの所有者と連絡を取り、キャンペーンの詳細を直接取り決める必要がありますが、デジタルサイネージならば、コンテンツはソフトウェアで制御されるので、管理の負担が減り、顧客に関する洞察から広告を変更することも非常に容易です。これによってプログラマティック広告を実現でき、広告主はメディア・ネットワークのリストにアクセスし、ターゲット層に合わせて広告掲載を予約できます。その結果、広告主は、期待どおりのオーディエンスにリーチすることができます。

DOOH によるマーケティング分析

デジタルサイネージの最新の波は、分析のための新しい機能が追加されたことです。広告の前を通った人の数、広告を見た人の数、広告を見た時間を割り出したり、顧客が店内に入った時間が分かる機能もあります。こうした分析によって、2 つの重要な機会が得られます。

1 つ目は、スクリーンに取り付けられたセンサーを利用したブランドの市場調査です。次世代の輸送向けソリューションの一部であれば、固定の場所だけでなく、移動中も実施できます。匿名化されたデータを使用することで、トレンドになっているブランドや色など、従来はアンケート調査でなければ得られなかった話題の情報を、センサーやカメラからリアルタイムで収集できるようになります。

2 つ目は、メディア・ネットワークから広告主へ、ターゲット層に関するより具体的な情報を提供できるようになったことです。広告の前を通っている人が分かるだけでなく、広告のタイプごとに注意を向けている人を把握することもできます。

DOOH サイネージ向けインテル® テクノロジー

あらゆるデジタルスクリーンが、広告収益を得る機会を生み出しています。その機会を最大限に活かすのが、デジタルサイネージ向けのインテル® テクノロジーです。インタラクティブ・キオスクの小さな画面から、デジタルビルボードまで、インテル® テクノロジーを基盤とするソリューションに備わるコンピューティング・パフォーマンス、高画質グラフィックス、接続性が、強い印象を与えるだけでなく、分析に基づく価値のある洞察を引き出します。

  • インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、注目を集める力強いビジュアル、高精細ビデオ、応答性の高いタッチスクリーンを実現するパフォーマンスを提供します。また、最新の AI 対応機能や分析をサポートできるパワーも提供します。
  • Intel vPro® プラットフォームは、ビジネスクラスのパフォーマンス、高度なハードウェア・ベースのリモート管理機能などを提供します。
  • インテル® NUC などのミニ PC は、強力なパフォーマンス、グラフィックス、接続性、分析機能を小型のフォームファクターに詰め込み、ほぼどこでもデジタルサイネージを導入できます。
  • インテル® テクノロジーによるハードウェア支援型のセキュリティー機能が組み込まれています。
  • OpenVINO™ ツールキットは、インテル® の幅広いプラットフォームにわたってコンピューター・ビジョンの導入プロセスを効率化します。ビジョン機能をデジタルサイネージに追加することで、メディア・ネットワークや広告主は、キャンペーンのアドレサビリティー、アカウンタビリティー、アトリビューションを測定する新しい方法を手に入れることになります。

オーディエンスの把握

デジタルサイネージがブランドに合った動的な体験を生み出せる一方で、メディア・ネットワークと広告主は、分析を適用することで、こういった資産を最大限に活かせるようになります。最新の屋外メディア戦略は、消費者がデジタルサイネージのそばを通りかかったり、デジタルサイネージを利用したりするときなど、1 日のあらゆる瞬間に収集したデータから導出されます。このデータを活用することで、メディア・ネットワークはより質の高いメディアを提供し、広告主は効果的な方法でオーディエンスにエンゲージすることができます。

関連資料

企業がよりパーソナライズされた魅力的な顧客体験を提供できるようサポートする、最新トレンド、導入事例、テクノロジーに関するその他の情報をご紹介します。

デジタルサイネージを実現するインテル® テクノロジー

インテル® テクノロジーを搭載したさまざまなデジタルサイネージ・ソリューションと、それによって唯一無二の体験を提供する方法について解説します。

詳しくはこちら

デジタル・メニューボード

インテル® テクノロジーが実現する超高精細 (UHD) のグラフィックスとビデオが、飲食店をアピールする豊かなメッセージを伝えます。

詳しくはこちら

小売業向けのインテル® テクノロジー

小売企業が大量のデータを実用的な洞察へと変換できるよう、インテル® テクノロジーがどのようにサポートしているか紹介します。

小売業向けソリューションの詳細

小売分析

分析を活用することで、顧客体験を変革し、パワフルな洞察を得て、適確な意思決定をすることができます。

詳しくはこちら

免責条項

インテル® のテクノロジーを使用するには、対応したハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。

コストと結果は状況によって異なります。

インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。ほかの情報も参考にしてデータの正確さを評価してください。

免責事項

1 「AI and Automation Are Transforming Digital Out of Home Advertising (AI と自動化によるデジタル屋外広告の変革)」、https://blogs.intel.com/iot/2018/11/09/ai-and-automation-are-transforming-digital-out-of-home-advertising/#gs.tk0k59/
2 「Out of Home Advertising (屋外広告)」、Out of Home Advertising Association of America、https://oaaa.org/AboutOOH/OutofHomeAdvertising.aspx