サプライチェーンにおける倉庫管理の戦略的役割

現在の取引スピードでは、物流企業や運送会社は、すでに少ない利益率から少しでも多くを絞り出すためにコストを削減しながら、同時にスループット・タイムも短縮しなければなりません。付加価値サービスの拡大、自動化の推進といった市場動向によって、物流業ではビジネスのあり方が大きく変わり始めています。さらに e コマースの急速な成長に伴い、多様化する受注処理、流通、配送の各ポイントには、物理的な状況とデジタル情報を統合した在庫管理と輸送追跡が必要です。

倉庫管理は、市場での高まる需要に対応できる在庫の分配、仕分け、クロスドッキングの工程を可能にすることで、サプライチェーンにおける戦略的な役割を果たします。しかし、従来型の倉庫管理システムは、この業界で抱えている課題に対処できる柔軟性やテクノロジーを意識して設計されているわけではありません。

  • 位置情報: 受領から保管まで倉庫プロセスのフロー全体にわたって在庫の現在位置を把握することで、過剰在庫の削減と在庫の回転率向上を図る。
  • 精度: サービスレベル・アグリーメント (SLA) を満たし、在庫の配置ミスを防止して、顧客満足度と在庫管理を向上する。
  • スペース使用率: 倉庫のスペースを最大限に活用することで、生産性とスループット・タイムを向上する。
  • 注文品の取り出しと格納: 適切なレベルの自動化を選択して運用コストを削減することにより、在庫処理業務を最適化する。

現在、数多くの倉庫業者や物流プロバイダーが、ビジネスの効率的な運営と、新サービスの迅速な提供を目指し、この物流業界の変革の最先端を走り続けることができる、IoT などのテクノロジー・ソリューションを探し求めています。

インテルでは、次の項目を考慮に入れて、倉庫管理システムを強化する IoT ベースの倉庫ソリューションを開発しています。

1. プロセスの自動化
在庫の確認、登録、予約は重要な倉庫業務ですが、この作業は時間にして 91% が手動で処理されています。インテルのセンサー・テクノロジーとエッジ・インフラストラクチャーを活用することで、倉庫システムの運用から実用的な洞察を獲得して、ほぼリアルタイムの意思決定を行うことができます。

2. 在庫の追跡
ワークフローを移動するものはスペア部品でも機器 1 台でも、あらゆる時点で在庫の位置が把握できていることが重要です。在庫の状況によって、その後の数時間 (または数日)、「紛失」したユニットを探すか、新しいものを注文するかが決まります。インテルは、倉庫や工場の環境で極めて高い追跡機能を提供する、位置追跡と無線センサー・ネットワークのテクノロジーを開発しています。

3.効率的なテクノロジー
消費者の利便性に対するニーズが高まっているため、数ある販売 / 流通チャネルすべてで応答時間の高速化が求められています。これまで物流は言わば付帯的要素であり、価値創造の最終ステップでした。しかし最近、物流は主要な差別化要因であることが分かってきました。この変革を表す一面が、倉庫ソリューションのコストとアーキテクチャーの最適化を進める動きです。2018年に Gartner のサプライチェーンのランキングで第 5 位に選ばれたインテルは、IoT テクノロジーのイタレーションと最適化を行って、より優れた製品を生み出し、消費者体験を向上することができます。