ライト・ガイド型在庫管理技術によってエラーを減らして速度を向上

ライト・ガイド型在庫管理用のインテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP) は、注文履行エラーを減らしてスループット時間を短縮するのに役立つピック・アンド・プットトゥライト・システムです。

ペーパーレス・ピッキング・システムはデータ、デバイス、および倉庫スタッフを接続することでサプライ・チェーンの効率を高めます。在庫管理ソリューションがビジネスおよび顧客にどのように役立つかを学びます。

今日の急速に変化する経済では食料品店、家電量販店、自動車メーカー、衣料品小売業者、医療製品サプライヤー、その他あらゆる種類のメーカーのような企業にとって、商業注文の履行はミッション・クリティカルです。業界セグメントはさまざまですが、これらの企業には共通点が 1 つあります。グローバル市場にて競争力を維持するためには - これまでになく速く製品を市場に投入して - 顧客の手に渡す必要があります。そのためにはサプライ・チェーン、流通、および注文履行の各アプローチを調整してビジネスの成長を加速することで高い顧客満足度を確保する必要があります。

受注処理の複雑さ

世界中の顧客の要求に応えるために、世界中の倉庫にて購入待ちの何十億ものアイテムが保管されています。顧客の注文が届くと、ディストリビューターは適切な製品を収集し、安全に梱包し、正しい住所に発送する必要があります。単一の注文にてこれらの手順を実行することは比較的簡単なプロセスですが、数百または数千の注文を管理することは課題の大きさを悪化させます。非常に多くの顧客の要求を処理する複雑さによって、マテリアル・ハンドリング・プロセスの各ステップにてエラーが発生する可能性があります。これらの理由により、注文ピッキング・ソリューションとして使用される従来の紙ベースのアプローチでは、今日のビジネスのペースに対応できません。

対照的に、最新の注文処理システムは信頼できるシステム・インフラストラクチャーを使用することでデバイス、データ、およびスタッフをシームレスに接続します。インテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP)、ライト・ガイド型在庫管理テクノロジーを含むインテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP ) は、最適化された倉庫管理システムのためのランチパッドを提供します。

ライト・ガイド型システムとは?

ライト・ガイド型システムによって注文処理プロセスがより速く、より簡単に、より正確になります。これらの倉庫システムは、スマート・ロジスティクスおよびスマート・サプライ・チェーンと共に、企業が顧客のニーズを満たす方法に革命をもたらします。

物流環境でにおけるライト・ガイドはモノのインターネット・デバイス、ソフトウェア、およびクラウドサービスを利用することで注文処理に時間のかかるタスクを簡素化します。この技術の組み合わせによって照明付きディスプレイを使用して倉庫の従業員に指示を与えることにより、注文ピッキングおよび在庫受入プロセスを迅速化して適切な製品が適切な顧客に届くようにします。さらに、ライト・ガイド型システムによって不注意によるピッキングまたは片付けエラーの可能性が減少します。その鍵となるのは注文の詳細をデジタルで収集および管理する、統合接続された物流システムです。

ライト・ガイド型システムによって注文処理プロセスがより速く、より簡単に、より正確になります。

ライト・ガイドおよびインテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP)

インテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP) は、あらゆる規模の企業がサプライ・チェーンにおける倉庫管理を容易にするために設計された事前認証済みの追跡追跡ソリューションです。倉庫シナリオでは、インテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP) でのライト・ガイド型在庫管理テクノロジーが、スマートタグ、独自のワイヤレス・センサー・ネットワーク、インテル® テクノロジーベースのスマート・ゲートウェイ、オプションのスマートフォン・アプリケーションなどの要素を組み合わせます。インテル CLP ライト・ガイド型在庫管理テクノロジーはエッジからクラウドに至るまで、デバイスがどこにある場合でも倉庫データに接続するのに役立つ要素を提供します。インテル CLP は出荷追跡、RFID 倉庫内資産追跡、およびロボット工学のために他のインテル® テクノロジーベースでの物流製品との相乗効果を提供します。

ピックまたはプットトゥライトはどのように機能しますか?

ライト・ガイドのアプローチでは各顧客注文番号は、再利用可能なビン、配送ボックス、またはカートに付着する独自のバーコードを生成します。スキャンされると、バーコードはピックトゥライトシステムをトリガーし、多くの場合、コンベヤー・ベルトまたは保管場所にある容器を注文を処理するために必要な在庫を追加する従業員に向けます。

このプロセスは逆になる場合もあります。倉庫の在庫は定期的に補充する必要があります。プットトゥライト・システムは従業員が入ってくる在庫を収集すると共に、将来のピッキングに最適な場所に保管できるようにします。

倉庫のフロアでは、従業員は倉庫棚または同様にアクセス可能な場所に取り付けられた一連の純正ディスプレイおよび照明ボタンによってピッキング・タスクがガイドされます。点灯した読み取り値は必要なサイズまたは数量と共に、顧客が要求した各アイテムを識別します。その在庫が収集されてビンに入れられると、従業員は通常において明るいボタンを押してピッキングが完了したことを確認します。

小規模の倉庫運営ソリューションではピックトゥライトのディスプレイが付いたモバイル・カートを使用することで、1 人で注文を正しく処理できる場合があります。ただし、大規模な倉庫においては、このアプローチは実用的ではありません。代わりに、大規模な倉庫では「作業ゾーン」または「セクター」を作成します。簡単に言えば、作業ゾーンは施設全体の在庫のごく一部を収容する定義済みのエリアを表します。1 人の従業員が各ゾーンを管理するために、注文処理する際に徒歩距離を最小限に抑えています。

顧客の注文に複数のゾーンにある在庫が含まれる場合、ピックトゥライト・システムは 1 つのピッカーにて注文処理プロセスを開始します。最初のゾーンで注文した製品が容器に配置されると、その同じビンは次のチームメイトに移動して割り当てられたエリアから追加の製品を追加します。工場の組立ラインのように、ピッキング・プロセスは顧客の注文全体が 1 つのビンに結合されるまで続きます。

そこから、その容器は通常において梱包および出荷のために別のコンベアにて他の倉庫従業員に移動します。空のビンまたはカートは新しいバーコードの準備が整うと、別のピックトゥライト・プロセスが開始されます。

運用上におけるライト・ガイドの利点

ライト・ガイド型システムを使用すると、あらゆる規模の組織が即座に価値を見出します。主な利点は次のとおりです:

  • スループット時間の増加: ライト・ガイドによって倉庫のスタッフは動きの速い作業に対してはるかに効率的なアプローチを提供します。ライト・ガイド型システムを導入する倉庫は容量を大幅に増加させました。
  • エラーの削減: 注文処理プロセスを簡素化することによってライト・ガイドによるピッキング・エラーが大幅に削減されます。正しい注文は顧客満足度を高めます。また、正確なピッキングによって製品の返品が少なくなることで返品発送および在庫の補充のコストが削減されます。
  • ペーパーレスによるピッキング: 従来の紙ベースのピッキング・アプローチにおいては倉庫の従業員は 1 回の注文を完了するために物理的なチェックリストを使って長距離を歩く必要がありました。今日、ゾーン化されたライト・ガイド型システムは従業員が注文処理プロセス中に歩かなければならない範囲を縮小します。そうすることで貴重な時間を節約してスタッフの疲労を軽減します。
  • 迅速な ROI : 完全にスケーラブルなライト・ガイド型システムによって顧客の注文をより迅速に満たすことができるため、より多くの注文が毎日処理されます。さらに、ゾーンシステムによって企業は倉庫内により多くの在庫を収めることができるのでコストを削減できます。
  • 使いやすさ: ピック・アンド・プットトゥライトの大きな利点はそのシンプルさです。1 時間以内に、新入社員はライト・ガイド型システムを簡単に理解し、ライト付きディスプレイを読み、それと対話して顧客の注文を収集できます。異なるゾーンの在庫は異なる場合がありますが、プロセスは異なりません。それにより、すべての従業員が異なるゾーンをシームレスに引き継ぐことができます。これによって、倉庫管理も容易になります。
  • スケーラビリティーおよび高密度: 倉庫が 100 件の注文を処理する必要があるか - 数千件を処理する必要があるかを問わず - ライト・ガイド型システムは要求に応じて拡張できます。ライト・ガイド型システムに対する今日の投資は企業の規模、容量、および製品の多様性が拡大するにつれて長期的なメリットをもたらします。
  • システム統合: ライト・ガイド型システムは倉庫管理システム (WMS) またはエンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) のプラットフォームとシームレスに接続できるため、倉庫管理者はリアルタイムのレポート機能を利用できます。簡略化されたダッシュボードにより、在庫の追跡、注文ステータスの表示、従業員のピッキング率の把握などを行うことができます。

お客様の会社がライト・ガイドが提供する機会をまだ検討されていない場合は今こそ、実証済みのインテル CLP テクノロジーを基盤としてプロセスを開始するときです。

インテル® コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム (インテル® CLP) をご覧ください

インテルが倉庫業務とスマート・サプライ・チェーンを合理化する方法をご覧ください。

倉庫管理

インテル® アーキテクチャーベースの産業用 IoT ソリューションがエンタープライズ・システム、デバイス、およびスタッフ間の統合をどのように改善するかをご覧ください。

詳細情報

サプライ・チェーンにおける倉庫管理

最新のアプローチおよび新しいテクノロジーが物流業界の変革をどのように支援するかを学びましょう。

記事を読む

スマート・サプライ・チェーン

インテル® ベースの IoT テクノロジーが物流効率および貨物追跡を自動化しながら倉庫の効率を向上させる方法をご覧ください。

詳細情報

免責事項および通知

インテル® のテクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要になる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が今後のコストに及ぼす影響と、その製品によって実現される可能性のあるコスト削減の例を示すことを目的としています。状況はさまざまであると考えられます。インテルはいかなるコストもコスト削減も保証いたしません。

インテル、インテルロゴ、その他のインテルマークは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。© Intel Corporation